« June 2012 | Main | August 2012 »

July 2012

2012.07.28

「ダークナイト・ライジング」

私はクリストファー・ノーランとクリスチャン・ベールのバットマンが結構好きだ。だからこの終わり方はとてもよかったと思う。まさに、感動とともに終わらせるための映画。以下ネタバレはもちろん観る前に読んではいけません。


前作の悪役ジョーカーは、狂人であり犯罪者だった。しかし本作の敵役ベインは、それとは次元が違う。もはや法治国家内部における犯罪者という括りから大きくはみ出しており、正直、バットマンの手には負えない相手だ。これに拮抗するのは、政府と軍隊だろう。

バットマンの大きな物語は、前作の後半、フェリーに乗せられたゴッサムシティの住人と犯罪者たちとが、それぞれ、他者のあからさまな犠牲の上に生きながらえることを恥とする決意を示したことで、事実上終わっている。ジョーカーという強烈な存在は、そこから急速に輝きを失い半ば自滅した。それと歩調を合わせるように、バットマンは不要の存在となり、トゥーフェイスという狂言回しによって不名誉な罪を背負わされゴッサムから姿を消した。前作はいわば、バットマンと世界の関わりの物語だったと言えるかもしれない。

それから8年後を描いた本作は、バットマン=ブルース・ウェインの内面に重点を移している。そして、それと同じくらい、周囲の人々に焦点を当てている。悪役ベインと同じくらいの重みで、執事のアルフレッド、ゴードン市警本部長、女盗賊セリーナ・カイル、警官ジョン・ブレイクといった人々が、ブルース・ウェインの周囲に集う様子が描かれ、彼を取り巻く絵柄の欠かせないパーツとしてぴったりとはまっていく。クライマックスからエピローグにかけての、ジグゾーパズルの最後のパーツが次々に正しい位置に納まっていくような感覚に、鳥肌が立つような感動を覚える。見事なバランス感覚とよく練られた台詞まわし、展開の積み重ねの結果だろうか。

この映画の、他の様々な要素、例えば、"Occupy Wall Street"的側面や、"テロリストにも三分の理"のような設定に目を向けると、いささか陳腐に思えるかもしれない。けれどもそうした要素は、この作品の背景に過ぎない。目を向けるべきは、ブルース・ウェインを取り巻く群像劇だろう。だれもがウェインのことを案じ、あるいは理想を投影し、はたまた密かに敵視し、そうしてもつれた糸をさらに絡ませていく。それが、最後にかけてすっきりと納まっていく。この見事な納まり感こそが、「終わらせるための映画」と感じる所以だ。それを感じられれば、この映画は十分満足できる一本と言えるだろう。

ネット上の資料の充実ぶりから、作り手側の熱意も感じられて、嬉しいことこの上ない一本。
The Dark Knight Rises Extensive Behind the Scenes Featurette (2012)
プロダクション・ノート


Pic5_2


| | Comments (0) | TrackBack (0)

2012.07.21

「メリダとおそろしの森」

何度でも書くのだが、オーソドックスな筋書きの話を見事なエンタテイメント感動作に仕立て上げる技量で、Disney & Pixer の右に出る者はいない。本作もそうした珠玉の作品集に加わるものであることは疑いない。以下ネタバレ。

口やかましい母と反抗期の娘の葛藤と危機、それを乗り越える過程での相互理解と和解、と言ってしまえばそれだけのことなのだが、煮え切らない日常生活を送る庶民にはありえないような、くっきりとドラマチックな展開で楽しませてくれる。要所々々で脇役としての務めをきちんと果たす父王と弟たち、それに近隣のマッチョで気のいいクランの皆さま。なんてうまく組み合わされているのだろう。その上、母娘のキャラクタのきっちり立っていること。この二人、反目しているが実は似たものどうし。いざというときの娘のカリスマ性は明らかに母親譲り。大広間の大騒動の中を一人征く姿は瓜二つ。これはなるほど普段喧嘩になるわけだ(笑)。

特徴的な点は、話の核に悪役がいないこと。キャラの立った悪役を登場させて、それを打ち倒すという様式の話ではない。確かに凶暴な熊の化け物は登場する。これは、かつて主人公と同じ魔法の罠に落ちて破滅した存在であり、主人公母娘の試練の、在り得べき恐ろしい結末の暗示としてお話を引き締めている。けれども全体の中ではこの怪物は引き立て役だ。この物語はあくまでも、母と娘の内面を核に据えている。その意味で、女性的な筋書きだと言ってもいいのかもしれない。

シリアスな要素を中心に置きながらも、エンタテイメントとしての楽しさや気楽さも忘れずに配合されている。やんちゃな弟たちが巻き起こすお決まりの騒動、熊に変身させられた王妃の人間風のコミカルな振る舞い、お話に劇薬を投入する役回りの魔女でさえ、ひょうきんな言動の末にエピローグでちゃんと伏線を回収して、完璧にお話を締める。魔法の伝言板の中に、機械音声のコールセンター風のいらつかせる対応なども織り込んで、現代風の味付けも忘れない。

何から何までよくできている定番作品。こういう安定感があって楽しめる映画は定期的に見たい。さすが Disney & Pixer。この作り手の場合、いつも同じ感想を書いている気もするが(笑)。

Pic1_2


そうそう、お約束の前菜は、今回大サービス2本立て。いずれもほどよい仕上がりで、特に2本目はほっこりファンタジックな良作。CMを飛ばして本編ぎりぎりに間に合うように劇場に入る癖がある人は、少し早めに行ったほうがよい。前菜とはいえ立派な小品なので、前を横切られると不愉快です。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2012.07.14

「崖っぷちの男」

最初は謎だらけで始まり、当事者やマスコミなど、いろいろな人の口を借りながら、除々に種明かしをしていく話の運びがうまい。途中でおおよそのタネはわかってしまうが、その後も、複数の人物の謎めいた行動に注視していると、クライマックスやエンディングでやっと残りの謎も解ける。最後までサービス精神を忘れないエンタテイメント。クライムムービーのシ-クエンスを切り張りしながら、話の筋も目的もまったく別の所に置いている点が面白い。以下ネタバレ。

濡れ衣を着せられた善人とその仲間たちが、金持ちの悪人に対して、知恵とチームワークで反撃、勝利する。典型といえば典型なのだが、金持ちに対する反感が充満する今の世相にうまく乗っていると言える。

主人公がビルの庇に立って、「おれは無実だーっ」と叫ぶと、はるか下の道路に集まった群衆が、うおーっと応えるのだが、それが実は「早く飛び降りて見せろー(笑)」だったりする微妙なずれが、野次馬というものの実態を突いていて笑える。

そんな世間の実態を醒めた目で見ていて忠告してくれる女交渉人の刑事が、この映画をかなり引き締めている。群衆の中には扇動者がいたり、空から降ってくるドル札のためなら公共心や秩序など気にしない者が大多数であったりするのだが、そうしたものをあてにしてはいけないという良妻賢母的雰囲気を醸し出していて好感が持てる。それでいて、いざとなると体を張ってSWATの突入を阻止する大胆さも持ち合わせていて、さてはこちらが主人公かと錯覚するくらい。

ビルの庇の狭い空間と、はす向かいのビルの人気のない空間の2箇所で進行する、二組の男女の掛け合いも、それぞれに特徴があって楽しめる。その二つが、クライマックスに向けてひとつに合流する収まりもよい。

すぐに忘れてしまいそうなあっさりした出来だが、それだけ巧みで完成度が高いということかもしれない。よい作品、というしかない一本。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« June 2012 | Main | August 2012 »