« 図書館とTUTAYAの提携話の件 | Main | 「ドライヴ」 »

2012.05.11

「ヴァルハラ・ライジング」

1か月ほど前に見て、書くことができずにしばらく寝かせておいた。これをスタイリッシュな暴力とする評価があるらしい。確かに手加減のない暴力シーンや、象徴性の強い映像が埋め込まれてはいる。しかし、この映画は精神性の要素がより大きい。最小限に削られた台詞と、見る者を掴んで離さない力ある映像とともに、込められたメッセージが見逃せない。おそらく、観る人に応じて異なる見方があるだろう。以下ネタバレは読まずに観るのが吉。


古武士の趣を持った主人公の一生を、暴力と憎悪に始まって、宗教と関わり、狂気を経て自由へ、そして最後に生の意味を見出すまで、順を追って描く。ただそれだけなのだが、男の一生というものは概ねこんなものではないかと思える。

だいたいが、男の子の人生は、最初は親の束縛を受けながら、他人と競争することから始まる。現代ではそれはソフィスティケートされているが、それでも他人に勝つことで生き残る練習という側面は否めない。同時に、自分にそうした生き方を強いる世界に対する憎悪を生む。

長じれば、彼は一応の自由を手に入れるだろう。闘いの中で身につけた業が自由の支えだ。そしてどこかで彼は、宗教に出会うだろう。身に付けた業はそのままに、宗教というものに何らか救いを期待するのだろうか、行動を共にする。

しかし、宗教も一皮むけば、世俗の権威と何ら変わらない。そのことは、騎士団との最初の出会いのときに、裸で鎖に繋がれた奴隷たちの絵ではっきり示されていた。袋小路の狂気の中で、救いはないことを悟った後、離脱によって自由を取り戻すが、宗教が振りまいた敵意が、ヒトの形をとって彼を取り囲み逃がさない。

もし、彼が初めの頃のように、憎悪によって駆動されていれば、再び一人で切り抜けたかもしれないが、彼の内面は変化しており、憎悪ではなく別の真理に従って、あるべき結末を迎える。


ひとの一生は、つまるところ順送りであることを、寡黙な映像で、最後の瞬間までそれと悟らせないように、巧みに描いたといえる。

ちりぢりになった宗教騎士団の生き残りもわずかとなって、それぞれの人間性が露わになるシーンが印象的だ。統率者の無二の友であった僧侶は、息子たちを死なせてしまったことを悔い、彼らを旅にいざなったことを悔いて、死に方が問題なのだとつぶやく。

死に方の問題。それを、まさに主人公が最後に示すことで、この映画は観る者に強い印象を残す。思わず襟を正させるような、見事な終わり方の一本。

|

« 図書館とTUTAYAの提携話の件 | Main | 「ドライヴ」 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 「ヴァルハラ・ライジング」:

« 図書館とTUTAYAの提携話の件 | Main | 「ドライヴ」 »