« 120502山陰行記 | Main | 図書館とTUTAYAの提携話の件 »

2012.05.05

120503山陰行記

最終日。東京まで飛ばすぞと思ったものの、地図を見ると途中に有馬温泉が。せっかくの機会なので寄ってみることにする。

来てみると、ちゃんとした温泉街だ。神戸市街に近いのでもっと現代風なものを想像していた。距離的には、例えば横浜の戸塚あたりにあるような感覚なのだ。この違いは、六甲山の存在が大きいのかもしれない。関東平野にはそういうものはあまりないから、温泉といえば、北関東か箱根方面まで行かなければならない。
Imag3045

日帰り湯として金の湯、銀の湯がある。金は主に薬効か。銀は二酸化炭素泉で血行がよくなる。どちらもよく効く。
Imag3053 Imag3051

太閤の湯殿館という展示施設がある。年表を見ると、地震の影響で湯温が変わることが記録に残っているらしい。阪神大震災のときはどうだったのだろうか。
館の裏手に泉源がある。
Imag3055 Imag3057

ここのもうひとつのウリは炭酸水。それを使って焼いたという炭酸せんべいは、普通のゴーフレット。あちこちで売っている「てっぽう水」という瓶詰めサイダーは炭酸がかなりきつい。これとは別に、本来の炭酸泉があって、試飲できるようになっている。
Imag3058 Imag3065 Imag3066

有馬の特徴は、なんといっても都市圏に近いことだろう。草津のような湯量でもなく、別府のような種類の豊富さでもないが、都市に近いということは得難い利点だ。

さて、高速にもどってひたすら東へ。大津SAで休憩。琵琶湖が見渡せる。
Imag3069

新名神というのが出来ているので、そちらを使う。刈谷SAには観覧車がある。土産物のお菓子をバラで売っていたり、揚げ物屋の特徴的なメニューなど、いろいろ工夫が見える。
Imag3071 Imag3073

帰りも再び新東名へ。関東は霧雨に包まれている。雨を追いかけるように走る。
清水SAには、車やバイクの展示。バイクの展示は、バイクウェアのクシタニが管理しているそうな。
Imag3078 Imag3080 Imag3082

駿河湾沼津SA(上り)はマスコミでも取り上げていたデザイン。2階建て鐘楼付き。イクスピアリの劣化コピー風。吹き抜けにある案内ブースの様子を見るスーツが1名浮いている。様子見なら、場に馴染む格好で目立たないようにすればと、いつも思うのだが。
もっとも、車で来ている人のカジュアルな装いの中で、雨の中をバイクで来ている自分のレインウェア上下+ブーツカバー姿も、かなり浮いている自覚はあるので、あまり大きなことは言えない。
Imag3086 Imag3095

結局、一日で津山から東京まで走ってしまった。距離は、GoogleMaps のルート検索で見ると、650km程と出る。有馬で湯巡りもしたから、結構強行軍だった。

やっぱり次はフェリーの予約を早めにしよう。

|

« 120502山陰行記 | Main | 図書館とTUTAYAの提携話の件 »

ツーリング」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 120503山陰行記:

« 120502山陰行記 | Main | 図書館とTUTAYAの提携話の件 »