« 120430山陰行記 | Main | 120501-2山陰行記 »

2012.05.05

120501-1山陰行記

漁師の朝は早い。
穏やかな夜明け。テントをたたんで出発。
Imag2674 Imag2675 Imag2679

天橋立の名の由来は、小高い丘から股のぞきをしたときに、天につながる橋に見えるからだとか。傘松公園というところから見るとよいのだそうだが、そのさらに上の方に成相寺というお寺があって、そのまた上に展望台があるそうなので、最高所の展望台へ行ってみることにする。
朝早いのでゲートが閉まっている。バンで来ていた先客の話だと、ゲートができたのは最近のことだそうな。その人は毎年巡礼に来ており、ゲートができる前は入ってすぐの駐車場でトイレなども使えたとのこと。寺にもいろいろ事情があるのだろうけれど、巡礼を締め出すなんてなあとの言。マナーの悪い客もいるだろうから、難しいところか。しばらく待つと、係の人が軽トラックで上がって来て、時間前だが開けてくれた。

それにしても、バンで一夜明かしたそうだが、巡礼ってそういう感じなのか。これから定年迎える人が増えて、車内泊の旅行者が増えるのかも。だからというわけでもないだろうが、車椅子でも拝殿に上がれるエレベータがあった。
Imag2681 Imag2686

展望台は、ここからさらに上がった標高600Mの台地にある。能書きどおり、なるほど傘松よりも眺望は良さそうだ。
Imag2695

ここには願掛けのかわらけ投げもできるようになっていて、輪の中をくぐらせるといいらしい。
Imag2713 Imag2711

この寺の五重塔は、池との間合いがいい。
Imag2722

作務衣の門衛さんとしばらく話す。東北の話がでて、松島は大丈夫かと聞くので、昨年見聞きした様子など話す。同じ日本三景として気になるようだ。帰りがけに、丹後半島を海沿いに廻っていくといいとアドバイスをもらう。

丹後半島を左回りに、有名な伊根の舟屋を見に行く。まず海上から遊覧船で。水がかなり透明だ。
Imag2726 Imag2729

生簀の手入れに来ている漁船と、その向こうの舟屋。陸側の平地が狭いから、こうした住戸になったとされている。
Imag2761 Imag2789

陸側から舟屋を見たところ。人の生活圏なので、至近距離の撮影は控えめに。
Imag2783

陸の道が細くて不便なので、以前はちょっとした移動にも舟を使ったとか。カーポートに車を停めているような感覚だったのだろう。
背後の山にある道の駅から湾を見下ろすと、かなり奥まった感じがわかる。海が比較的穏やかそうだということも、舟屋の成立に関係しているだろうか。
Imag2795

伊根を離れて少し内陸の国道を行くと、半島の北端あたりの海岸に出る。瑠璃色の海が美しい。
Imag2799 Imag2804

西へ走ると、丹後松島といわれる景勝地。
Imag2812 Imag2819


さらに西へ。琴引浜というところを通りかかる。鳴砂の浜があるらしい。有料だがちょっと寄ってみる。
たしかに、足を蹴りだすようにして歩くときゅっきゅと鳴く。さらさらしているからなのか、足跡がまったく残らないのが不思議。
Imag2821 Imag2826

ひたすら西へ。久美浜湾に出る。湾と呼ばれているが、宍道湖などと同じ汽水湖だ。穏やかな水面。
Imag2842 Imag2847

豪商稲葉家住宅を中心に、伝統的な街並みがよく残っている。電柱は致し方ない。
Imag2853 Imag2863

Imag2857 Imag2866 Imag2868

稲葉家住宅で昼食をとっていると、よくとおる声で台詞を云うのが聞こえる。なんでも、連休本番の明後日から、ここで紙芝居を上演するので、その稽古だそうだ。日本家屋に調和したいい声に暫し耳を傾ける。


|

« 120430山陰行記 | Main | 120501-2山陰行記 »

ツーリング」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 120501-1山陰行記:

« 120430山陰行記 | Main | 120501-2山陰行記 »