« 「宇宙戦艦ヤマト2199」 | Main | 「ジョン・カーター」 »

2012.04.15

「バトルシップ」

タイトルを和訳すると「戦艦」。空母やミサイル艦などハイテク兵器が主役になる中で、忘れられた存在だが、大きさ重さ打たれ強さなどのレトロな価値基準からすれば、依然侮れない存在感。そもそもハイテクなものは、それが機能する環境下ではじめて力を発揮するものなので、環境が破壊されたときには、スタンドアローンで原始的な力がモノをいうことになる。それを見せてくれる立派なB級映画。火薬の量が多いので、見ていて少し疲れる。以下ネタバレ。

爆発が豪快なのが、この映画の売り。これでもかというくらいに、金属と金属がぶつかり合い、大爆発と破滅的な破壊が派手に繰り広げられる。それに比べると、主人公の彼女のダイナマイトバディは、意図に比べて少し火薬の量が不足気味。まあ、それはそれ。

海上戦闘だけでは一本調子になると見て、陸上での通信施設を巡る攻防も織り交ぜた手法は、それなりに機能した。戦闘で両足を失ってリハビリ中の元ボクシングチャンピオンが、頑強そうなET相手に奮闘。ナード君も好アシスト。連携プレーで敵に勝つお約束の展開。

B級らしく、思わせぶりな演出もある。轟沈していくイージス艦から主人公たちが脱出するときに、わざわざ艦尾までよじ登ってから飛び降りるのは、明らかにタイタニックの見過ぎ。側面からさっさと逃げるのが普通だろうけど、そうはしない。

仕上げは、あの船を動かして艦砲射撃の一撃で決着をつける。胸のすくような大鑑巨砲主義の炸裂。

そのほか、高速で転舵する戦闘艦の傾き具合など、普段は見られないような迫真の映像などもあって、その向きには突っ込みの入甲斐がありそう。休日の暇を男仲間だけでつぶすにはそれなりの出来。でもエンドロールの後のおまけは、特に必要とも思えず中途半端だった。このお話はこれっきりでいい。

|

« 「宇宙戦艦ヤマト2199」 | Main | 「ジョン・カーター」 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 「バトルシップ」:

« 「宇宙戦艦ヤマト2199」 | Main | 「ジョン・カーター」 »