« 「キツツキと雨」 | Main | 「シャーロックホームズ シャドウゲーム」 »

2012.03.07

「アンダーワールド 覚醒」

シリーズ4作目。3作目を見たとき予想したとおり、今度はセリーンが母親になって子どもを守るお話。なんという読み通りの展開。前3作に比べて、お話はのっぺりしているので、セリーンのアクション以外にあまり期待しない方がよい。私はただひたすら、ケイト・ベッキンセールがストイックなラバーコスチュームに身を包んで忍者のごとくコロしまくるのを見るだけですから、十分満足ですとも。ええ。これはどうみても銃夢のガリィ。以下ネタばれ。

それにしても、ケイト・ベッキンセールだいぶ歳をとった感じになった。母親役だから当然そういう風にメイクしているのだろうけれど、年齢的にも30代も終りの方のはず。自然に10代の子の母親役がやれる歳だ。美人なのは相変わらず。演技はさほどうまいとは思わないが、この人の雰囲気が割と好き。ベッカムの奥さんと仲良しというWikipediaの記述を見て、さもありなんという感じ。

このシリーズも、どうもTVドラマ風のクオリティでだらだら続いていきそうな雰囲気だが、いつまでもこの雰囲気でいってほしい。その意味で、ミラ様のバイオハザードと双璧になってしまうかも。

|

« 「キツツキと雨」 | Main | 「シャーロックホームズ シャドウゲーム」 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 「アンダーワールド 覚醒」:

« 「キツツキと雨」 | Main | 「シャーロックホームズ シャドウゲーム」 »