« 「麒麟の翼 劇場版・新参者」 | Main | おら 東京さいぐだ! »

2012.02.05

「ハンター」

想像していたのとはちょっと違っていた。以下ネタばれ。

上映時間の少なくない部分は、主人公がハンターとして罠を仕掛けるシーンに使われている。にも関わらず、その部分はやや退屈というか、ほとんど印象に残らない。主人公の闘いは、ハンターとして獣を相手にするものというよりは、人間のエゴを相手にするもののようだ。となれば、お話の筋もおおよそ読める。

作中の終りの方では、けっこう主要な登場人物があっさり死ぬから、娯楽作品と見るにはかなり違和感がある。自然に対する人間の卑小さを表しているのであれば、ひとつのスタンスではある。自然と向き合って生きているオージーの感性なのだろうか。よくわからない。

助演が多いウイレム・デフォーを主役に持ってきたことといい、主要人物のあっけない死といい、この映画からは何か独特の感性が放射されているようだ。ヒロインが、絶滅したと思われていたタスマニアタイガーの生き残りについて、「死んだ方がいいの」と言ったのが、象徴的だ。情緒的な環境保護とも、偏狭な開発主義とも違う何かが、そこから感じ取れる。

運命論的な態度と言うのは言い過ぎかもしれないが、少し醒めた目線を感じるのは私だけだろうか。彼女の最期も、まるで運命のままに、と言っているかのようだ。

|

« 「麒麟の翼 劇場版・新参者」 | Main | おら 東京さいぐだ! »

映画・テレビ」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 「ハンター」:

« 「麒麟の翼 劇場版・新参者」 | Main | おら 東京さいぐだ! »