« 「宇宙人ポール」 | Main | 120101金時山行紀 »

2011.12.29

「永遠の僕たち」

原題の"Restless" は、少々意味がとりづらい。かといって邦題はあまりに陳腐。しかし幸いなことに、タイトルに関わりなく、静かに暖かいピュアな映画。以下ネタバレ。

余命もの、と私が勝手に命名したジャンルの中で、湿っぽくなく見苦しくもなく、純粋さを感じさせる。主人公がローティーンからハイティーンになりかけという危うく不安定な年頃ということもあるだろうし、季節も舞台も冬の空のように澄んだ空気の下ということもあるだろう。画面のタッチは淡く、聞こえてくる声はゆっくりで少し乾いている。作り手はもちろんよく心得ている。

余命ものの主要素たる2つ、死と愛とが、ここでは程よく化学反応を起こして暖かさを生んでいる。そうなる理由は、主人公二人のうち、余命が限られた1人だけでなく、寄り沿うもう1人の方も死に囚われている設定にありそうだ。一方が生々しい生を感じさせる存在では、二人の亀裂が大きすぎて、こんな穏やかな空気は生まれない。

お話の出だしで、地面に寝転がった少年が、自分を事故の死亡者に見立てて輪郭をチョークでなぞるシーン。あるいは、他人の葬式巡りという奇矯な行動。さらには臨死体験を境に交流が始まった神風特攻隊青年の幽霊。それらはすべて、彼イーノックの、死に対する近さを物語っている。そんな背景を持つからこそ、不治の病で余命3カ月の少女アナベルとは、波長があう。

そんな彼でさえ、献体を決意したと言いだす少女には、少しの抵抗を感じる。死が見えている者が最も望むことは、自身の死後も、どんな形であれ、生者の記憶に残り続けることだが、まだ自身の死は見えていない少年には、そこに抵抗が、まだある。ところどころで描かれる二人の間の小さな諍いは、そんな避け得ないズレを示しているかのようだ。少年はまだ、少女の死を受け容れられていない。それどころか、両親の死でさえ、まだ。

少しづつ段階を踏んで、死に近づいていく少女の中に、安らぎを感じ取ったとき、その安らぎが自分と過ごした時間のおかげであると悟ったとき、たぶん少年は、本当に、彼女の死を受け容れられたのだろう。

彼に影のように付いていた特攻隊青年の幽霊が、少女の道案内として付いていくと言ったことで、彼はそれを感じ取ったはずだ。短い臨死体験から、死後には無があるだけだという思いに囚われていた少年は、この幽霊と少女のおかげで、その思い込みから解放されただろう。restlessだったそれまでの彼の生は、そこで初めてrestfulに変わる。

それゆえ、少女の葬儀の場で、彼は二人が過ごしたたくさんの時間を思い起こして、ほほ笑むことができた。彼の安らかな表情がたいへんよい。


といった小難しいことは、後から思い巡らせた結果だが、普通に流れに任せて浸っているだけで、素直に暖かい気持ちになれる良作でした。

|

« 「宇宙人ポール」 | Main | 120101金時山行紀 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 「永遠の僕たち」:

« 「宇宙人ポール」 | Main | 120101金時山行紀 »