« 「ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル」 | Main | 「宇宙人ポール」 »

2011.12.23

「ニューイヤーズ・イブ」

オールスターキャストで贈る年末のハートウォーミング・ミニストーリー福袋、という具合の何か。オムニバスというのかな。「ニューヨーク,アイ ラブ ユー」に、大晦日のカウントダウンを絡ませて、より感動的に仕上げたといった趣。特別な季節を過ごすカップル向け。あるいは、映画スター大集合紅白銀幕合戦という具合の何かでもある。こちらを見るならカップルでなくてもOK。以下ネタばれというほどのものはないが、悪くない一本。

どうも歌が妙にうまい出演者がいるなと思ったら、ボン・ジョヴィという有名な人だったらしい。いい声だなあ。相方役のキャサリン・ハイグルさんといい感じ。それからロバート・デ・ニーロがいますよ。死にかけ老人を下手くそに演じる彼の相方が看護婦役のハル・ベリー。この組み合わせなかなかいい。それにしても、デ・ニーロ下手だな。全然死にそうに見えない。w

それからそれからミシェル・ファイファー演じるちょっとイタいけどキュートな中年女性とザック・エフロンの若々しさの取り合わせが、高齢化の波に洗われる観客の心をわし掴み(笑)。

それで、サラ・ジェシカ・パーカーは今回、子持ちのやもめで、15歳の娘から過干渉で嫌われる役。アビゲイル・プレスリンちゃんの幼い恋路を邪魔して罵声を浴びせられるのであります。SATCで眉をひそめた良識ある家庭人は、これで溜飲を下げるであろう。と思いきや、最後の最後に大逆転玉の輿。くやしい、ひたすらくやしいです。だいたい最後のそのシーンで何その登場の仕方は。あり得ない。サラの高笑いが聞こえるようです。

という具合に、大晦日的どたばたの中で、「ミリオンダラー・ベイビー」のヒラリー・スワンクが、今年を締めくくる名演説を、お話の流れの中で、見事にぶってくれます。これは光る。うまい。

ほかにも諸々呑み込んで、ハッピーニューイヤーを感じさせてくれる、軽いけれど良作でした。

|

« 「ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル」 | Main | 「宇宙人ポール」 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 「ニューイヤーズ・イブ」:

« 「ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル」 | Main | 「宇宙人ポール」 »