« 「カンフーパンダ2」 | Main | 雑記110919 »

2011.09.19

「世界侵略:ロサンゼルス決戦」

これも、「スカイライン」同様、ただまっすぐなので見ていて疲れる。出だしの構成の仕方はそっくり。宇宙人の侵略という設定も同じ。アラブ系の民間人が犠牲になるのも同じ。終わりの、まだまだこれからだ感まで瓜二つ。これは、同じ台本をスキンを替えて使い回しする実験か何かなのだろうか。以下ネタバレ。

たぶん、911が下敷きになっているのだろう。あの日も、つい前日まで、唯一の覇権国の市民として人々は繁栄を謳歌していたのに。どこがどう間違ってこうなったのか。そしてこれはまだまだ続くのか(続くのだ)。

もちろん、違う点もある。この「世界侵略」では、敵の司令部さえ破壊すれば、遠隔操作の飛行機械は制御を失って無力化する。それを作戦目標に据えることで、お話は前進する。

リアル世界では、ウサマ・ビン・ラディン氏殺害によって、情報戦という空中戦で米国は優位に立ったのかもしれないのだが、地上戦でもこれから反攻を始めるとでも言いたいかのようだ。

覇権国というのはそういうものなのだということが、行間からにじみ出てくる感じがして、つくづく疲れる作品。


アーロン・エッカートが、今回そのよく回る口を封印して、主人公の寡黙な実力派下士官を演じていたのはよかった。堺雅人が軍人を演じているような変な違和感はなく、縁の下で米国の覇権を支える勇敢な兵士像を遺憾なくアピールしていた。これは、一種の宣伝映画でもあるのかもしれない。

|

« 「カンフーパンダ2」 | Main | 雑記110919 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 「世界侵略:ロサンゼルス決戦」:

« 「カンフーパンダ2」 | Main | 雑記110919 »