« 「大震災の後で人生について語るということ」 | Main | 雑記110808 »

2011.08.07

「モールス」

原題は"Let Me In"。英語圏での興行成績はよくなかった由。陽気な映画が好きな人にはお勧めできないが、私は割と好み。ネタバレは、できれば読まずに観るのが吉。以下ネタバレ。


「悪はあると思う?」 予想だにしない場面に出くわして、衝撃を受けたいじめられっ子の少年が、離婚調停中で遠方にいる父親に、涙を流しながら電話でひとり尋ねる。もちろん父親の答えはどうでもよい。母親も最後まで顔は出ず、この作品では両親は添え物だ。12歳のひ弱な少年は、ひとりで、選ばなければならない。同種の仲間の悪と、それを阻止する異種の悪のどちらを受け容れるのかを。

少女が何者なのかは、映画の中盤あたりで判明する。そこからがこの映画の見所だ。永劫の命を持つ者と、死すべき人間との間に、私的な密約が暗黙のうちに成立するまでの、綱渡りの過程。おそらく、不死の者の側には、十分な目算がある。しかしそんなことは、ただの一度も感じさせない。いずれ確実に破綻に至る関係であることは、すでに作品の冒頭で示されている。少女の父親とされる初老の男の哀しい最期が、静かにそれを語っている。

12歳の少年は、これが破滅への道だとわかった上で、最後は運命のままに決断するに至る。

SHE WILL KEEP YOU SAFE (So,) "Let Me In"
彼はある意味で大人になったのか、それともそれを拒んだのか。

互いに交わらない世界を生きる異種の被造物どうしが、陽の光を遮る壁を隔てて、か細いモールス信号で意思を通わせようとする、哀しい物語。萩尾望都の「ポーの一族」も少し連想させる、中身の濃い一本。


調べてみると、監督はマット・リーヴス。「クローバーフィールド」は正直いまひとつわからなかったが、この"Let Me In"は文句なくよい。「LET THE RIGHT ONE IN」というスウェーデン映画のリメイク(”マット・リーブス・バージョン”)だそうだが、もとの映画が"THE RIGHT ONE"と言っているのを、"Me"としたのは、作り手の好判断。観客にも選ばせている。

|

« 「大震災の後で人生について語るということ」 | Main | 雑記110808 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 「モールス」:

« 「大震災の後で人生について語るということ」 | Main | 雑記110808 »