« 「トランスフォーマー/ダークサイド・ムーン」 | Main | 「大震災の後で人生について語るということ」 »

2011.08.06

「カーズ2」

驚くなかれ。お約束の前菜のショートフィルム、今回はあの!シリーズの最新作が始まったのかと、思わず劇場を確認しました。ということで、お得なお楽しみはいつもどおりで嬉しい。以下ネタバレ。

CGの凄さでいえば、これも相当なもの。プロローグの闇夜の海のシーンで、もう引き込まれる。物語の始まりはこうでないと。

前回は、”哀愁漂うポルシェの背中”で驚かせてくれたこのシリーズ、今回の主役は、ポンコツレッカー車のメーター。いわゆるダメ男が隠れた才能を発揮して周囲の尊敬を勝ち取り友情を取り戻すお話。車の擬人化もすっかり馴染んだところで、船やら飛行機まで目鼻がついて、トイ・ストーリーにそのままオールキャストで出演できそう。

キャラクタは、今回はやや残念だが、それほど立ってはいなかった。フランチェスコがまあ面白いくらい。その点では、後に残らない、夏休みのお楽しみエンタテイメントに徹したのかもしれない。
エンディングはディズニーらしく、スモールワールド的にまとめて、輸出商品としても上出来な一本。

|

« 「トランスフォーマー/ダークサイド・ムーン」 | Main | 「大震災の後で人生について語るということ」 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 「カーズ2」:

« 「トランスフォーマー/ダークサイド・ムーン」 | Main | 「大震災の後で人生について語るということ」 »