« 雑記110708 | Main | 「アイ・アム・ナンバーフォー」 »

2011.07.09

「マイティ・ソー」

先週2Dで見たのだけど、特に感想もなかったのでしばらく忘れていた。超絶バトルシーンはなかなかよいし、ヨツンヘイム、ミッドガルド、アスガルドと、場所を変えながらのテンポもよい。気楽に見られる娯楽作品。

ソーはThorだから、よくよく見ればこれは北欧神話に出てくるトールのことだ。これが本当に竹を割ったような性格の奴で、映画でもその感じがそれなりに出ていた。うろ覚えだけど、トールは多少短慮なところがあって、主神オーディンの全てを見通す目と知恵が、彼をなんとかフォローしていたのだが、この映画ではThorはだんだんまろくて賢い人格に変化してしまいそうだ。そこは少しどうかと思う。神様は、人間のように簡単に変わったりしてはいけない。

例によって、アベンジャーズとかにつながるらしいのだが、正直、神様のパワーは、人間のヒーローなどと一緒には扱えないと思う。確かトールは、海につながる盃で酒を飲んで目に見えるほど量が減ったとか、年齢という猫と相撲をとって片膝しかつかなかったとか、とんでもない逸話がある男神だから、人間に毛の生えた程度のヒーローでは釣り合いはとれなかろう。

|

« 雑記110708 | Main | 「アイ・アム・ナンバーフォー」 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 「マイティ・ソー」:

« 雑記110708 | Main | 「アイ・アム・ナンバーフォー」 »