« 雑記110716 | Main | 雑記110717 »

2011.07.17

「ハリー・ポッターと死の秘宝 PART2」

このシリーズは、基本が子ども向けということもあって、悪役の出来がいまひとつだったが、最後の作品で多少は改善されただろうか。いずれにせよ、ここまできたら観ずにすませることはできない。以下ネタバレ。

魔法の力とは、突き詰めれば言葉の力である、と匂わせる発言が、ダンブルドア校長からあった。別の先生は、数の多さではなく意志の固さである、ということを言っていた。そしてセブルス先生は、それは見返りを求めない行動であるということを身をもって示してくれた。

シリーズ最終話は、児童向けとして文句なくよい作品になった。とは思う。映画作品としての山と谷の作り方については、いつもどおりなので言わぬが花。本来、あまり間をおかずに通して見るのに向いているお話なので、数年おきに1本づつ見るからには、緊張感の緩みはある程度避けられない。伏線はもうほとんど忘れられている。

ハリー・ポッターらしからぬ戦闘シーンの大サービスと、分霊箱の残りいくつかがどんどん発見され破壊されていく展開の無常な速さが、ああこれで終わりなんだなという寂しさを掻き立てる。あんなに可愛らしかった三人組が、もうこんなに大きくなって・・。

全てに一応の決着がついたあと、おそろしく秘密めいて見えた宝ものが、明るい日差しの中で妙に白けて見えるのが、子ども時代の宝箱に重なるようで、あっさりしたいい終わり方になった。3つの秘宝のうち、放棄されたふたつと残ったひとつを比べると、過剰であからさまな力は捨てて、しかしちょっとした不思議は忘れないという、万人が共感できる価値観が伝わってくる。それも、ハリー・ポッターらしくてよい。

エピローグもおまけに付いて、もうこれですっかり完結した。大人になった3人の最後のショットで、ハリーとハーマイオニーに焦点を合わせて、ロンが少し後ろでピンボケになっているのが、これまたらしいというか。笑えました。永遠の友情と夫婦の愛情は、別物なんだよね。

ロンがんばれ。というのがハリー・ポッターの結論か。(笑)

|

« 雑記110716 | Main | 雑記110717 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 「ハリー・ポッターと死の秘宝 PART2」:

« 雑記110716 | Main | 雑記110717 »