« 東北海側行記110430-4 | Main | 東北海側行記110430-2 »

2011.04.30

東北海側行記110430-3

タイトルに(閲覧注意)と入れようと思って、やめた。これは何かと判断する際のデータとして必要なものだと思う。

女川に入る。西側の湾奥の高い位置から道を降りていくのだが、最初に目に入るのがこの光景。
Imag0621

youtubeで有名になった、例の高台からの眺め。この高さまで波は来たのだ。
Imag0623

その高さを下から見るとこうなる。
Imag0660  Imag0627

あの空の位置に水面があって、自分が海の底にいると想像してみる。どういう深さなのか、多少実感する。

ここ女川ではまた、RC造などの建物が横転するケースがいくつもあり、他では見られないこの現象に、関係者の関心が集まっている。倒れている方向からして、引き波による可能性が高いそうだが、今後の研究課題。
Imag0629 Imag0638 Imag0648 Imag0657 Imag0661 Imag0663

なんかこー。
現実とは思えなくて。
とりあえず載せとく。みたいな。

基礎と杭を固定していたと思われる鉄筋が露出しているところ。あまりにシュールで、築何十年ぶりかで太陽を見たこの兄弟の会話が聞こえてきそう。
Imag0652

兄弟同様のもの。
Imag0653

これは、建物内部からの水圧で外へ膨れて壊れたもの。不謹慎だが、芸術的な壊れ方。
Imag0632

建物ではないが、転倒仲間。
Imag0658

地盤が下がっているのだろうか。水がなかなか引かないそうだ。

PART3はここまで。

|

« 東北海側行記110430-4 | Main | 東北海側行記110430-2 »

ツーリング」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 東北海側行記110430-3:

« 東北海側行記110430-4 | Main | 東北海側行記110430-2 »