« 東北海側行記110430-3 | Main | 東北海側行記110430 »

2011.04.30

東北海側行記110430-2

若林区から北上して、松島へ。行政区分で言うと塩竃市になる。ここは風光明媚なところで、国交省などの被災地域図など見ても、湾内は比較的被害が少なかったように見えた。確かに、海からすぐ山になっているので、水を被ったのは、海近くの部分だけではある。が。
Imag0578
擁壁の上はなんともない。下は全滅。この落差は、これから随所で目にすることになる。

では高台は無事かというと、大地震の直接の被害が目立つ。洒落たデザインのアリーナも学校も、ガラスが割れたり外壁が一部落ちたりして、使用禁止になっている。

Imag0584  Imag0589

すぐ横では仮設住宅がまさに建設中。
Imag0588

松島四大観のひとつ、多聞山は無事の様子。
Imag0592  Imag0594

しかし、眼下の火力発電所を見ると、やはり2階建ての建屋がやられている。単に波が通り過ぎたのだはなく、あの高さまで、この広大な海面全体が持ち上がったということが想像を絶する。それは、このあと海辺に下りてみるとわかる。
Imag0595

ここも自衛隊の野営地に。向こうの二人がテントを設営している。
Imag0598

さて、山を降りて海沿いに走っていくと、シュールな光景が。
Imag0600

どうすんのよこれ。みたいな。これはまだ序の口だったりする。

海岸から少し離れて、石巻バイパスを通る。鳴瀬川にぶつかって、河口へ下っていく。高速の橋が掛かっているこのあたりは、河口から5KMほどあるはずだが、家、車、ボートの残骸が仲良く流れ着いている。
Imag0609

この先しばらく、国道45号はやや陸側をはしる。海抜もそれなりにあるだろうが、今度の津波はここまで到達している。家屋は無事だったものも多いようで、後片付けが進んでいる。
Imag0611

ラーメン屋が一軒だけ開業していたので、入ってみると、地元の人ばかり。通りすがりに対する微妙な空気を感じたので注文せずそっと出る。あれはもしかすると半ば炊き出しのために、無理を承知で店を開けていたのかもしれない。済まないことをした。
ローソンで新聞を買って、駐車場で持参の食料を食う。チーズにクラッカーにコンビーフの缶にミネオラ。コンビーフは初めてだが、案外満腹感があってよい。ミネオラはオレンジより小粒で嵩張らない。申し訳ないような贅沢な飯。目立たないように食う。

ここで、炊き出しをしているのを初めて見る。実施しているのはキリスト教系の団体のようだ。身寄りのない年寄りばかりでもなく、結構若い人もいる。物資が足りない、ガスと水が来ないなど、事情は様々ありそうだ。
Imag0613

もちろん、家ごと全て失った人も来ているのだろう。道が低地に降りていくと、突然そうした光景に切り替わる。
Imag0614

旧北上川の河口に掛かる橋の上から。
Imag0616

川を渡ると工場地帯だが、事情はさしてかわらない。
Imag0619

さらに東進すると、意外な光景が現れる。万石浦という内海の沿岸は、水は被ったと思われるものの、破壊の跡は目立たない。これは、入口が極端に狭いこの浦の特殊性ゆえだろう。このすぐ東の女川との落差が際立つ。
Imag0620

PART2はここまで。

|

« 東北海側行記110430-3 | Main | 東北海側行記110430 »

ツーリング」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 東北海側行記110430-2:

« 東北海側行記110430-3 | Main | 東北海側行記110430 »