« 東北海側行記110430-2 | Main | 東北海側行記110501-2 »

2011.04.30

東北海側行記110430

6時に宿を出発。今回は海側のキャンプ場はもちろん全滅なので、山側の市街地泊が多くなるかもしれない。

仙台市のなかで、津波の被害をもろに受けた、海沿いの若林区というところへ。

昨日と同様、常磐道を挟んで陸側と海側の対比がくっきりしている。
Imag0530 Imag0533

瓦礫が原の中に、3F建ての公共の建物が残っていたので、行ってみる。小学校のようだ。
1階はかなりひどい。
Imag0543 Imag0545

構造がやられているわけではなさそうだが、泥とごみを掻き出すのがたいへんそう。特に、軽トラックが廊下に引っ掛かっているのは、どうしたものだろうか。
2階の方は、水がこなかったらしく、無事の様子。一時期避難場所に使われていたようで、ごみなどが綺麗に片付けられている。
Imag0550

体育館も泥で埋まっているが、層は薄い。乾いているので足でつついてみると、簡単にはがれるようだ。これの掃除は案外早いかもしれない。
Imag0555 Imag0556
もっとも、学校の建物が片付いたとして、通う生徒の問題は残る。


隣がお寺だったので、泥をかぶってしまった墓に手だけ合わせておこうと思って行ったみたら、ご住職が朝から片付けをしていた。一面瓦礫が原の無人地帯と思っていたので、少し驚いた。考えてみるとたいへんな職業だな。

この、常磐道と海との間のベルト地帯は、もとは水田のはずだが、いまでは泥が原になっている。これを復旧するには、泥で埋まった土壌をどうにかすることはもちろんだが、同時に壊れたインフラも直さなければならない。
Imag0558 Imag0559

ナイル川の氾濫なら、肥沃な土は天の恵みとか言えたのだろうけど、海水が運んできた土では果たしてどうだろうか。

元水田地帯のはずれは、宅地になっていたようだ。ハウスメーカーの軽量鉄骨造らしきものの跡もあった。
Imag0567  Imag0570

柱脚部分がねじ切れたり引っ張られてコンクリート基礎を破壊したりしている。津波では、木造はひどくやられたが、軽鉄も同じく無力であったことがわかる。

ここはまだ一般人が来るところではなさそう。自衛隊と消防と土建業のみなさんにお願いするほかない。
Imag0571


この別世界の縁の辺りで、コンビニはいちはやく復旧。さすが。とりあえずぜりー飲料でビタミン補給して、トイレを借りる。
Imag0572

瓦礫の処理は、分別しながら進められている。
Imag0573

とりあえず、ここまででPART1。

|

« 東北海側行記110430-2 | Main | 東北海側行記110501-2 »

ツーリング」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 東北海側行記110430:

« 東北海側行記110430-2 | Main | 東北海側行記110501-2 »