« 雑記110414 | Main | 雑記110415 »

2011.04.15

原発議論の枠組み

東日本大震災 復興構想会議 原発除外に異論が噴出

議論の内容は知らないけど。

失われたものは大きく原状復帰は不可能なのだから、八方円満な解決にはならないだろう。公正にやろうとすればするほど、全員がかなりの程度不満、ということになる。だれがどうやっても批判されざるを得ない。ということは念頭に置いておきたい。

原発は現在進行中の危機だ。今時点で復興という枠組みの中で考えられるのかどうか疑問を感じる。地震や津波のような過ぎ去ったものとは扱いが異なる。

ひとつ言えることは、今回の原発危機は人災だという立場を取るなら、改善の余地を認めることになり、原発存続の方向を示すことになる。一方、これは天災であり不可抗力だという立場を取るなら、対処不可能なのだから、原発は縮小の方向ということになるだろう。

東電や政府の責任をあげつらって人災だと言いながら、同時に原発縮小、廃止を言うのは矛盾がある。
責任回避を目論んで天災だと言いながら、同時に原発存続、拡大を言うのもおかしい。

|

« 雑記110414 | Main | 雑記110415 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7081/51391601

Listed below are links to weblogs that reference 原発議論の枠組み:

« 雑記110414 | Main | 雑記110415 »