« 雑記110327 | Main | 雑記110329 »

2011.03.28

雑記110328

東電や政治屋さんたちの肩を持つ気はさらさらないけど、全部が過ぎたあとで、ああすればよかったとかあそこはミスだったとか、外野で素人のおいらはあんまり言う気がしない。これから起きる損賠や補償の前哨戦だということは、とりあえず置いておくとしても。


そういうのを戒めるためにも、宮本武蔵はあんなこと言ったんではないかと思う。


日本が直面する本当の試練とは

 単一性と社会的結束は、国家にエネルギーと方向性を与えてくれるものの、その一方で、欠点もある。そして、日本は、それを驚くほど安穏として看過している。これが、日本の長期的な見通しが不確かな部分だ。
外国の人にわざわざ言われなくてもわがってる。
「結束」と「静止」は全く別物なのだ。
そこはわかってないかも。

|

« 雑記110327 | Main | 雑記110329 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7081/51238139

Listed below are links to weblogs that reference 雑記110328:

« 雑記110327 | Main | 雑記110329 »