« 「リトル・ランボーズ」 | Main | 雑記101120 »

2010.11.14

「さらば愛しの大統領」

テレビCMで、爆弾処理のシーンの”パッションレッドとストロベリーレッドと・・”というシーンに爆笑したので、見に行ってみた。結論から言うと、あのCMのレベルを保つのは30分が限界か。上映時間90分は長すぎて、薄い。以下ネタバレ。

お笑いにもいろいろ種類があって、こお映画の笑は少々質が低い。時々笑えるシーンはあるものの、大半は、それのどこが面白いのか、と突っ込みたくなる。何よりまずいのは、まるで言い訳のように、最初に、アホになりきって見てくれとか、分析はカッコ悪いとか、テロップを流して予防線を張っているところ。まるで最初から、この映画の笑いには自信がないと白状しているようなもの。最後に流れる「トム・ソーヤの冒険」のエンディングテーマは懐かしくてよかったが、それ以外は少々退屈だった。

実際の大阪人は、話術の巧みな面白い人が多いだけに、残念。

|

« 「リトル・ランボーズ」 | Main | 雑記101120 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 「さらば愛しの大統領」:

« 「リトル・ランボーズ」 | Main | 雑記101120 »