« 雑記101127 | Main | 雑記101128 »

2010.11.27

「デイブレイカー」

ちょっと変わった設定のヴァンパイア映画で、アイデア勝ちといえる。ヴァンパイアの孤独や強さはあまり強調されず、その意味では物足りないが、代わりに意外な展開が用意されていて、楽しめる。以下ネタバレ。

この映画では、ヴァンパイアは小数で隠れて生きる存在ではなく、多数で世界の主人である、という設定がまず面白い。超絶的な能力によってではなく、その圧倒的な数ゆえに、世界の正統な主人であるのだ。

数が多ければ特別な存在ではなくなる。満員電車で通勤する勤め人、駅のスタンドでコーヒーを頼む人、給仕する人、洗濯する主婦、学校で遊ぶ子供たち、全てがヴァンパイア。中には適応を拒んで焼身自殺を図る者もいる。浮浪者のヴァンパイアもいれば、それを取り締まる警官のヴァンパイアもいる。数の多さが下世話なイメージを拡大し、ファンパイア=特別という先入観との間に不協和音を奏でる。
冒頭で描かれるこの世界が、まず不思議な感覚を呼び起こす。あの、醜い怪物としてのヴァンパイアはどこへ? それは、途中からちゃんと登場する。それが醜い怪物である理由も納得感があり、うまく考えられている。

その醜い怪物が、不死の彼らが抱える問題なのだが、解決は意外な方向からもたらされる。この単純だが盲点を突いたアイデアは、映画の肝だから書けないが、このアイデアを軸に後半の物語とドラマが組み立てられていて、映画としての満足度を上げている。終盤で、問題解決の道筋だけは示されたものの、実施の過程で予見される幾多の困難や凄惨な展開は、暗示されるだけで終わる。この終わり方もなかなかいい。

上映館は今のところ少ないが、映画を観た、という満足感を味わえる作品。

|

« 雑記101127 | Main | 雑記101128 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 「デイブレイカー」:

» 『デイブレイカー』に学ぶ3倍オモシロくする方法 [映画のブログ]
 抜群に面白いSFの一つとして『スラン』を挙げることに反対する人はいないだろう。A・E・ヴァン・ヴォークトが1940年に発表したこの傑作小説に魅入られた人は多い。  新人類が活躍する『スラン』の後継とい...... [Read More]

Tracked on 2010.11.30 10:03 PM

« 雑記101127 | Main | 雑記101128 »