« 雑記101106 | Main | 雑記101107 »

2010.11.06

「リミット」

原題の”BURIED”よりも、作品の意味をよく表している邦題の「リミット」。何が一体限界なのか。携帯の電池?ライターのオイル?棺の中の酸素? いいえ。それは忍耐です。何に対する忍耐? それは見てのお楽しみ。圧倒的な閉塞感が、最後の30秒で急速に別のものに昇華する、意味深な映画。以下ネタバレ。

映画の最後にオチを聞いて、なるほどそういう映画かこれは、と納得する。結末そのものは予想が付いていたが、オチでそうくるとは。主人公の最後の、台詞というよりむしろ間の抜けたうわごとの調子を聞いて、エンドロールに流れる人を食ったような音楽を聴いているうちに、腹の底から笑いが込み上げてくる。浮世のつまらない制約や権威のばかばかしさを笑い飛ばし、生きる力が湧いてくる。かどうかは観る人による。
私はというと、そう、我々はみんな、こういう存在だよね。と、はればれとした気持ちになった。

最後まで棺の中しか映さない映像なのに、こんな解放感が最後にくるとは。エンドロールまで含めて計算された仕上がりに脱帽。

自分を笑い飛ばせるなら、これは傑作。

|

« 雑記101106 | Main | 雑記101107 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 「リミット」:

« 雑記101106 | Main | 雑記101107 »