« 「死刑台のエレベーター」 | Main | 雑記101017 »

2010.10.16

「アバター」再び

一旦はあきらめかけたアバターだったが、昨日未練がましく109のホームページを見たら、なんと吹き替え版が新たに追加されている。ひょっとして、と思って座席予約してみたら、真ん中のいい席がとれた。
というわけで、IMAX3Dで再びみたび、というか四回目の「アバター」を観てまいりました。

やっぱりよいわー。
よほどおいらとエイワさんは波長が合うらしい。

前回は、通路付近の席で、画面が暗く見えてしまったシーンも、こんどは十分明るく見えた。真ん中でないとだめ、という評判は本当らしい。吹き替えなので、前回うるさく感じた飛び出る字幕もなく、映像のたっぷり堪能。

今回、追加されたシーンの主なものは、主人公が先住民に溶け込むべく勉強中の狩のシーンと、スカイピープルとの戦いで墜落したツーテイの最期のシーン。どれもよかった。

吹き替えの声はさすがに、本来の俳優の声の方がよかった。シーンを深く理解した発声と、あとから付け足した声とでは、これほど違うかという感じ。惜しい。

ブルーレイは3通りのストーリーがあるとか、宣伝していたが、結構悩む。

|

« 「死刑台のエレベーター」 | Main | 雑記101017 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 「アバター」再び:

« 「死刑台のエレベーター」 | Main | 雑記101017 »