« 雑記101002 | Main | スウィーツパラダイス »

2010.10.02

「パンドラム」

他の惑星への人類移住計画は、いまだに遥かな夢だが、長期に亘る宇宙旅行の課題はいろいろな形で取り上げられている。この映画もそのひとつ。宇宙船という暗い閉鎖空間の中で、ホラーとミステリを混ぜ合わせたような物語が展開、という点では、「エイリアン」シリーズの血を濃く受け継いでいる。以下ネタバレ。

長いコールドスリープから目覚めたら、予定と違う状況に直面。そこから、情報収集したり仲間を発見したり、恐るべき敵に遭遇(管理された宇宙船の中なのになぜ!?)したりしながら、課題の発見と解決の過程を見せる、という典型的な黄金パターン。こういうのは大好きです。

この作品では、主人公は所謂リーダータイプでもなく、マッチョでもない。普通の技術屋だが精神は比較的タフという、普通に居るタイプ。こうした華の無い人物像は、ハリウッド映画では主役になりにくいだろうけれど、欧州テイストの映画らしくていい。

結末がまたよく出来ている。とうの昔に実は宇宙船は自動的に目的を達していて、というのはこの種のSFの結末の定番だが、そこで絶望に直面するか、希望を垣間見るか、それとも虚脱感で終わるのか、エイリアンは三番目を採ることで味のある余韻を残したが、さて、この作品は。宇宙船が微妙に正解から逸れていたことが、絶妙な解決を導き出している。

最後のシーンが、植物の種子が弾けて散っていく様子を連想させて、お話と映像のクライマックスが、高度なレベルでぴったり溶け合う。ここは恍惚感さえ感じられるところ。うまい。

ということで、使われている素材はいずれもお馴染みのものばかりにも関わらず、悪くない出来の一本でした。

|

« 雑記101002 | Main | スウィーツパラダイス »

映画・テレビ」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 「パンドラム」:

« 雑記101002 | Main | スウィーツパラダイス »