« 「国境の南」 | Main | 「アバター」再び »

2010.10.16

「死刑台のエレベーター」

フランス映画のリメイクだそう。日本郵船横浜支店のファサードをはじめ、横浜の街があちこちに散りばめられている、お洒落といえなくもない作品。お話の方は少し錯綜し過ぎだが、あっさりしたフィニッシュでは、フランス人の関心の在り処が出ている。以下ネタバレ。

”愛”の反対語はなんだろうか。普通に考えると、例えば”憎”あたりだろうか。
しかし、この作品を観た後では、それは”孤独”であるように思えてくる。それが、この映画の全てであるようにも思える。それ以上の感想は特にないが、それは案外重要なアイデアに思えるので、記憶しておきたい。

|

« 「国境の南」 | Main | 「アバター」再び »

映画・テレビ」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7081/49758370

Listed below are links to weblogs that reference 「死刑台のエレベーター」:

« 「国境の南」 | Main | 「アバター」再び »