« 雑記100905 | Main | 思い切りの悪い我々 »

2010.09.05

「オカンの嫁入り」

前半は軽いノリで、おかんこと大竹しのぶのぶっ飛びぶりと、それに困惑する娘こと宮崎あおいの眉間の皺を楽しむ展開。そもそも年若い娘をさしおいて、おかんの方がプロポーズされ、あろうことかそれを受けるなどという展開は、普通、ない。だからこれはお笑いなのかと思っていると、後半は、その裏が次第に語られはじめ、最後は白無垢姿で大竹しのぶが泣かせる台詞を言うという、いかにも京阪が舞台らしい味わいの展開。悲しい苦しいをさらけ出さず内に秘め、表向きは明るく周囲を気遣いながら生きる人々を描いた佳作。以下ネタバレ。

六畳和室が基本単位の日本家屋で、人の距離の近さが色濃く出るように工夫された画面運びがよい。前半でこれをたっぷり見せられるので、後半の人間模様がすんなり腑に落ちる。その場面でその台詞が出てくることが、ごく自然に思える。こうした距離感は、今や東京では失われかけているかもしれない。貴重なものを見せてもらった。

そんな濃ゆいスープのような関係の中でこそ、すっぱりと深い言葉のやりとりが可能になる。後半の病院の待合で、おかんがめずらしく厳しい顔で娘に向かって発する問いは、ナイーブな予想からは想像できない定型外の意外性を持っており、それゆえ娘の、そして観客の、心に刺さる。

これは、簡単には返せない問いだ。大方の作品には、この問いはたぶん出てこない。事件を切っ掛けに人間関係が変化することは定石だが、大竹しのぶのおかんは、それでは嫌だ、そんなのは嫌だと真剣そのものの怖い顔で言う。ただでさえ悔悟の念に打ちひしがれている娘宮崎あおいは、おかんのその反応に、更に打たれる。

それだけの衝撃があってはじめて、娘の方も障害を乗り越えることができるのだが、果たしてこの問いに答えがあったのかどうか。白無垢姿のおかんの泣かせる台詞に対する娘の返答が、その答えだと受け止めておくのが自然だろうとは思う。

おそらくこれは、非情に濃い人間関係の伝統の中で成立するお話なのだ。だからこそ、東京という薄い関係を基調とする地域の観客には、たいへん興味深いものに映る。東京発の情報に染まらない、いいものを見せてもらった気分になれる一本。

|

« 雑記100905 | Main | 思い切りの悪い我々 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 「オカンの嫁入り」:

« 雑記100905 | Main | 思い切りの悪い我々 »