« 雑記100903 | Main | 「バイオハザードⅣ」 »

2010.09.04

「カラフル」

観ている方がこっぱずかしくなるような本物。本物とは元来そういうものだった、ということを思い出させてくれる。引き合いに出して申し訳ないが、これに比べると、最近のジブリ映画がいかに商業的な作り物に堕しているか、わかる。以下ネタバレは読まずに映画館へすぐ行くが吉。


もちろん、斜に構えれば違う描き方もあるだろうけれど、ここは素直にこどもの本音に心打たれてみたい。そこへ至るまでの、まどろっこしいほどの遠回りな展開が効いている。

お話の流れにあわせて挿入される絵が、アニメにありがちなおざなりなものではなく、本物の質感を持っているのも嬉しい。その場面が伝えたいことをしっかり語っている。

背景を形作る絵もよい。アニメーションということに囚われて変に動かすことばかり考えなくても、印象的な静止画で背景をつくる方が効果的な場合もあることを、眼にわからせてくれる。一方、動く水の表現はCGだと思うけれど、こちらも透明な清涼感がよく表現できている。

エンドロールで始めて知る声優にも驚く。あの女の子はあの人ですか、とか、あのお母さんは、とか、観たあとのお楽しみ。それから、後で公式サイトを見たら、監督さんは「河童のクゥと夏休み」の人だった。なるほど納得。


親から徐々に自立をはじめ、現実の裏表に心の中で悲鳴をあげながら、ふと間違って境界を越えてしまった、多感な年頃のこどもが、自尊感情を培いながら、他者の尊重を同時に覚え、コミュニケーション能力を得ていく過程を、丁寧に描いた作品。そこで家族が果たす役割の大切さにも眼差しが及んでいる。

フジテレビはこれで、「アマルフィ」で地に落ちた評価を、多少は回復できただろう。

|

« 雑記100903 | Main | 「バイオハザードⅣ」 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 「カラフル」:

« 雑記100903 | Main | 「バイオハザードⅣ」 »