« 雑記100920 | Main | 雑記100922 »

2010.09.21

雑記100921

遭難ついでの帰りに、箱根のポーラ美術館に寄ってみた。アンリ・ルソー展をやっていた。

ルソーという人は、税関吏で安定した生活を送りながら、絵を描いたり音楽を教えたりしていたらしい。その絵は、産業革命で変わり行くパリの街を、興奮と興味に満ちた目で見ながら描き残した、という感じらしい。

それって、本業の傍らで金にもならない文を書き連ね続けているブロガーさん達と同じかも。


凡人が、夢を諦めず絵や音楽を仕事にする方法

先生いわく「でも、そのすぐ隣で、まだ経験が浅くてそれほど上手にできない子が作業していても、その子はその子で、自分が今までやったこともないことが出来ているので、目を輝かせて夢中でやっていて、とっても幸せなのだ」という。
学校というのは、本来そういう場所。先生も幸せそう。


法人向けのお花サービス

花屋がアスクルとかベネフィットワンとかの大手の傘下に入らないのは、特殊なノウハウが必要だからなのかな。考えてみると不思議。

日比谷公園の中の花屋さんの話では、店に置いてあるのは展示用で、実物は工場にあってそこから発送するのだとか。見て選べないのかとだだをこねたら、写真をメールで送ってあげるから、とかいなされますた。

大手が手を出さないのは、需要が特殊過ぎるからか。


Watch the Samsung Galaxy Tab In Some Hot Back-Pocket Action

このサイズはやっぱりよさげ。


|

« 雑記100920 | Main | 雑記100922 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7081/49514040

Listed below are links to weblogs that reference 雑記100921:

« 雑記100920 | Main | 雑記100922 »