« 「ヒックとドラゴン」 | Main | X06HT入手 »

2010.08.07

「ゾンビランド」

ハイティーンが友達と観に行くのによさそうな、最初は少しひ弱な若者の成長物語。他の登場人物も、この旅でそれぞれに何かを乗り越える。ゾンビは物語に必要な共通の敵もしくは障害で、それ以上の意味はない。なぜゾンビかといえば、銃でばりばり撃っても無問題で、痛快エンタテインメントに不可欠だから。以下ネタバレ。

マッチョガイ、タラハシー役のウディ・ハレルソンがよい味。主人公のもやし男コロンバスのお手本役かと思うと、全くそんなことはない。彼は彼で悩みもあれば軽いノリもあり、勝手に生きている感じがよい。コロンバスの方も、自分の生き方を持っており、三十いくつかのルールとしてまとまっている。

そんな二人が、同道の道すがら、適度な間合いでコミュニケーションを図っていく。この掛け合いがなかなかいい。中盤からは、頭の切れる姉妹に繰り返し騙されるなど、共闘関係もできる。

その姉妹とも、最後に絆ができ、いい雰囲気でエンディング。これはゾンビ映画というよりは、ロードムービーという方がしっくりくるだろうか。


|

« 「ヒックとドラゴン」 | Main | X06HT入手 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 「ゾンビランド」:

« 「ヒックとドラゴン」 | Main | X06HT入手 »