« 「ちょんまげプリン」 | Main | 「ヒックとドラゴン」 »

2010.08.07

「ソルト」

スパイ映画というと、007とかジェイソン・ボーンとかのパターンがすぐ思い浮かぶけれど、この映画は少し捻ってある。途中までの展開は予想の範囲内だが、おわりにむかって捻りがどんどん加速していく。最後は、えーそこまでいってしまうのという、少し禁忌に触れたような感じさえ漂う。以下ネタバレ。

エンディングを観るとわかるのだが、これは新しいダーク・ヒーローの誕生秘話だ。全てはそこに向かって仕組まれている。ヒーローの誕生には、華々しいエピソードがふさわしい。本当は世界を救ったにも関わらず、第一級の犯罪者として追われる身になる元スパイの、これは最初にして最大の事件として記録されることにになるだろう。そんな風情の一本。いかにもマーベルコミックス風に締めた終わり方が、そういう予感を抱かせる。

ここに中国が出てこないのが、スパイ映画としてはやや古さを感じさせる気もするが、第二作以降のお楽しみということだろうか。

それにしても、アメリカ人はスパイ映画が好きなのだな。日本人の時代劇好きに匹敵する(笑)。

|

« 「ちょんまげプリン」 | Main | 「ヒックとドラゴン」 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 「ソルト」:

« 「ちょんまげプリン」 | Main | 「ヒックとドラゴン」 »