« 「アデル」 | Main | 雑記100707 »

2010.07.03

「エルム街の悪夢」

以前大流行したシリーズを、私は見ていない。あまりホラーに興味がなかったのだ。このたび95分の新しい作品ということで、手軽な長さでもあるし、見てみた。以下ネタバレ。

「夢オチ」という言葉があるように、物語において、「夢」は便利に使える小道具だ。このホラー映画シリーズは、その夢の世界から現実の世界に物理的な影響を及ぼす力を持った、怪人のお話。眠ってしまうと、夢のなかでそいつが襲ってきて、なにしろ向こうの自由になる世界だから、抵抗は不可能。夢の世界で受けた傷は、現実の肉体に連動する。それを恐れて眠るまいとしても限界はある。という理不尽な恐怖もの。どうやってこれを撃退するかが、興味の的になる。

今日では普通になった、恐怖感を煽る手法は、もちろん普通に駆使されている。それで、怖いかと言われると、実はそれほどでもない。

その理由は、この怪人の出自由来が、くだらないからだ。そこが、かなり興醒めではある。この怪人に、あるいは、この物語に、もっと戦慄すべき、あるいは慟哭すべき何かがあれば、これは心底怖いのだが、そうではない。彼が他人に害を成す理由が、なんともくだらないものなのだ。その点を除けば、最後のお約束も含めて、よく出来たホラーではあるかもしれない。

 * * *

同じ、子供にまつわるホラー映画で、「永遠の子供たち」という傑作があった。こちらはスペインの風土から生まれた作品。ギレルモ・デル・トロが一枚加わっている。アメリカ人(とその風土)に、ああいった深みを期待するのは、所詮無理な相談なのかもしれない。

|

« 「アデル」 | Main | 雑記100707 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 「エルム街の悪夢」:

« 「アデル」 | Main | 雑記100707 »