« 雑記100608 | Main | エコ »

2010.06.09

雑記100609


めぐる時代と「自分の感覚」

その頃の枠組みの中で成功し、人脈も考え方も、その枠組をベースに作り上げてきた。
 * * *
「トシをとったら怠惰になり、時流に遅れてしまう」というだけの話では済まない、もう一つ深い問題がここにある、と感じる。
 * * *
オープンマインドで新しいものを受け入れる努力をしつつ、自分の古い感覚となんとか折り合いをつけてやってきたが、果たして本当に大丈夫なんだろうか、自分の感覚は正しいんだろうか、と、ときどき自問する。
北欧神話に「トール」という名の無敵の神様がいるけど、その彼も、「年齢」という名の猫との相撲で片膝を付いた。歳には勝てない理由は、怠惰だったり動きが鈍くなったりすることよりも、たぶん、積み上げてきた蓄積を捨てて、一から勝負しなおすことができないからなんだ。

そこで頑張り過ぎずに上手に歳をとって交代していくのが、本当はよいことなのだけど。
でも、あまり深く考えずに、頑張るということでいいかな。世の中の方で、適当に判断してくれる。


極めて当たり前のことなんだけど、世界は長いこと、当たり前だと思わないで、走ってきたよね。

それはおかしい、という少数の声は無視されてきた。
ばあちゃんが言ってたけど、「いいことがあったら悪いことがある」のが世の中。

あまりいいこともないのに、これから悪いことが来ようというのが見えるわしらは一体。。。


|

« 雑記100608 | Main | エコ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7081/48582902

Listed below are links to weblogs that reference 雑記100609:

« 雑記100608 | Main | エコ »