« 雑記100505 | Main | 雑記100508 »

2010.05.05

「いばらの王」

いわゆるジャパニメーションに属する映画。普通なら反則の一言で片付くあるネタのはずが、驚きの大技を繰り出して、観る側をねじ伏せてしまう(笑)。これほどの大技は、アニメが持つ独特の虚構感の上でなければ、おそらく実施不可能だろう。その点では、見てみる価値はあるのかもしれない。なお、ジャパニメーション独特の様式に則って作られているので、それが嫌いな向きにはお薦めしない。

それにしても、宮崎駿さんが、プロの声優を使うのを嫌がる気持ちがよくわかる。あまりにも定型的で底の浅い発声なのだ。ジャパニメーションの様式だと言えばそれまでなのだけれど、この作品は意外に面白いお話にも思えるので、見ている方が辟易するような、量産向けの様式を採用してしまったのは、少々惜しい気がする。

|

« 雑記100505 | Main | 雑記100508 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 「いばらの王」:

« 雑記100505 | Main | 雑記100508 »