« 「運命のボタン」 | Main | オープンモバイルという運動の主旨に賛同します。 »

2010.05.23

雑記100523

たまに南青山なんかへ行ってみると、有名ブランドと結びついた、無理っぽいビルがたくさん建っている。あれらは、もしそのブランドが日本を見限って撤退するとなったら、どうするのだろう。誰か代わりに入居するのだろうか。喜んでお下がりを貰うところもあるかな。

それにしても、これはなー。

P1000003

日影と天空率の影響なんだろうか。
ワタクシにはわかりません。


「自己」という幻想

人間の脳の重さはチンパンジーの4倍なのに血流量は2倍しかないので、エネルギー供給はぎりぎりだ。したがって脳はなるべく新しい行動を起こさないで、習慣に従って認知コストを節約しようとする。人々が互いにこのような保守的行動をとると、規範ができて行動パターンが決まる。
すると個々人が勝手な行動をとりがちなアメリカ人は、アメ車と同じ低燃費構造てことでしょうか。
食う量が異常に多いのも、脳の血流大=基礎代謝大、のせいなのかな。


吉祥寺の中心で、紙がないと叫ぶ

まるでMASTERキートンみたいです。
みごとぢゃ。


上みたいな面白いのは、ついったーでは無理なんだよなあ。


|

« 「運命のボタン」 | Main | オープンモバイルという運動の主旨に賛同します。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 雑記100523:

« 「運命のボタン」 | Main | オープンモバイルという運動の主旨に賛同します。 »