« 「電子書籍の衝撃」はバランスよく知識を整理できるけれど出版社の救いにはなりそうにない | Main | 耳順は人生仕舞いに近づいてから »

2010.04.24

DSLに”怪人”モード出現で光ファイバーがいらなくなるらしいかも

こちら経由。

元記事を読もうとしたら英語だったので、最近Chromeがしきりに勧めてくる翻訳機能を使ってみた。クリックひとつでページ全部翻訳してくれるのが便利。どう便利かというと・・

"DSLモデムの怪人モード"ラボテストでは能力をにDSLエンベロープによってプッシュネットワーク銅の既存の値を最大化

パリ、2010年4月 -アルカテルルーセント(ユーロネクストパリとニューヨーク証券取引所:ALU)は、今日)を発表、その研究部門は、ベル研究所のDSL(加入者回線がデジタル正常に示した2つの上だけの技術を向上伝送が高速化実現。 "DSLモデムの怪人モード"テストではラボの、ベル研究所)は100Mbpsで1キロまたはメートル(400以上の距離を開く下流達成伝送速度を300メガビット毎秒Mbpsの()。速度では、これらの、サービスプロバイダーは、インフラストラクチャ、銅、既存の能力を最大限にすることができるに-世界中で広く展開さ回避-来年間高強度住宅トリプルプレイ、ビジネスサービスへの需要を満たす帯域幅。

怪人モード!
強そうです。

ブログのネタを提供してくれるという点で、まことに便利。
一発芸だから二回目は見向きもされない点が、改善リストの上にくる。

"アルカテルルーセントのベル研究所のDSL夢幻モードラボテストでは議論を'100Mbpsすべての新しい次元を全体に追加継続。という事実は、既存の銅ループはメートル400 300Mbpsのをすることができます促進環境を造り直す全体次世代ブロードバンド競争力-と選手のDSL'の'伝統的な機会の新たなビジネスの範囲をするを開く時幅で、"卵子はコメントKamaliniグリーからのアナリスト、。 "この発表は、技術の先進的な銅線と光ファイバーを示しミックスルーセントは、アルカテルのスマートさを真剣で、アクセスネットワーク世代の展開を次の見通しを、顧客が迅速に、すべての可能なイノベーションに。"
”夢幻モード”の方がネーミングとしてはいいかな。営業マンがご家庭にお薦めするのに、”怪人モード”はやばい。
“Alcatel-Lucent Bell Labs’ DSL Phantom Mode lab test adds a whole new dimension to the ongoing ‘100Mbps for all’ debate. The fact that existing copper loops can facilitate 300Mbps at 400 meters reshapes the whole next-generation broadband competitive environment - and will open up a wide range of new business opportunities for ‘traditional’ DSL players,” comments Kamalini Ganguly
おいら素人だからよく知らないけど、柱上変換器だかでありそうな速度低下は、この場合はクリアなんだろか。

|

« 「電子書籍の衝撃」はバランスよく知識を整理できるけれど出版社の救いにはなりそうにない | Main | 耳順は人生仕舞いに近づいてから »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7081/48165609

Listed below are links to weblogs that reference DSLに”怪人”モード出現で光ファイバーがいらなくなるらしいかも:

« 「電子書籍の衝撃」はバランスよく知識を整理できるけれど出版社の救いにはなりそうにない | Main | 耳順は人生仕舞いに近づいてから »