« 雑記100123 | Main | 雑記100124 »

2010.01.23

「サロゲート」

遠隔操作ヒューマノイドの話としては、「アバター」が先に公開されて話題をさらっている。それもあって、同じ系列の映画だからとあまり期待せずに観に行ったが、とんでもない。「アバター」が、現代的な問題意識を織り交ぜながらも基本は娯楽大作だったのに対して、この「サロゲート」は、より深刻な問いかけを底流に隠して、最後にそこに力点を置いて見せている。以下のネタバレはできれば読まない方がよい。


現実の世界ではちょうど、脳や神経の電気信号を取り出して義体を動かす試みが始まっている。この映画は、その技術が進歩して、100%ロボットの義体を、部屋に居ながらにして動かす仕組み「サロゲート」が出現し、日常生活に深く浸透した社会のお話。

なにしろ普通の登場人物(登場義体?)はすべてロボット。そのつくりもの感が際どい線を突いていて目を引く。公式サイトによると、CGではなく特殊メイクで見せているようだが、俳優さんたちもうまく演じている。不気味の谷現象を逆手にとっているような面白さ。ところどころに、自分の義体を修理に出している間”代車”を使っている場面があるが、この代車の漫画的に雑なつくりが、観客に、この世界がまやかしのつくりものであることを効果的に印象づける。ついでに、経済力の違いがサロゲートのデザインや機能にはっきり表れる剥き出しの格差社会を皮肉ってもいるようだが、それはそれ。
「アバター」は異星人が自然に見えることに力を注いでいたが、この映画はサロゲートたちが微妙に不自然に見えることに力を入れるという、言い方は妙だが、ある種変態的な努力をつぎこんだ映画。それがひとつの魅力になっている。

ロボットだから当然、様々な機能やグレードがある。刑事である主人公とその相棒が見せる、人間離れした機動性能がまた面白い。相棒の女刑事の義体が乗っ取られて主人公の車と追跡劇を演じるところなどは、”NINJA”的な動きの理想形のよう。
兵士の義体もあるようで、陸軍での捜査の場面では「平和維持活動」のシーンとして、テレビゲームのようなコクピットが数百台並んでいる広大な屋内空間が出てきて、非現実感を盛り上げる。思わず笑ってしまいそうだが、際どいところで冗談とは見せない演出が光る。

お話は、ミステリアスな殺人事件を発端に、サロゲート生みの親である天才科学者と製造企業との確執や、義体の使用に反対して独立区をつくり抵抗する生身の人々、サロゲートの便利さを享受しながらも、生身でないことの不安や愛の喪失にストレスを募らせる夫婦の姿などを比較的淡々と描いていく。このあたりは、後で浮上する重要なテーマを受け入れる準備としてちょうどよい。

発端の事件はやがて、天才科学者によるサロゲートシステム破壊の陰謀につながっていくのだが、それ自体はよくある設定で、たくさんの映画で繰り返し使われ、何度も見慣れたものだ。しかし、この映画には、この先に本題がある。

人々がこれほど慣れ親しんで、生活の隅々に浸透し、何者にも代え難くなったこの仕組みを、しかし主人公は完全には受け入れることができないでいる。むしろやむなく妥協している。そこへ、この仕組みを破壊する方法が差し出された。どうすべきか。

この仕組みの存続を望めば、それは自身の本当の価値観に背いて、明日も今日と同じように過ごしていくことを意味する。一方、破壊を望めば、この仕組みに依存して生きている社会全体を、これ以前の時代に押し戻すことになる。

この構図は、現実に我々がいたるところで無意識に直面しているものだ。
例えば、大きすぎてつぶせない金融機関はどうだろうか。あれは本当は、大きすぎるからつぶせないのではない。大多数の人々の生活に深く根を下ろしているからつぶせないのだ。それが、この映画を見てよくわかった。
あるいは、無駄や非効率の温床のように言われる行政機関はどうだろうか。それが無くなったらひどいことになる、これまでの生活が破壊される、そう感じる人が多いほど、その仕組みは変え難くなる。
なにも、行政機関のような巨大なものを例にとらなくてもよい。身近な仕事の仕組みを考えてみても、まったく同じ構図があるはずだ。

非人間性を作り出している原因たる仕組みがあり、かといって、それを破壊すれば、別種の悲惨な生活が予見される。そのようなとき、人はどう決断すればいいだろうか。

そういう深刻な問いかけを、この作品は隠している。

結果的に、主人公はある選択をするのだが、それはそれとして、作品そのものは、甘い理想主義でもなく怯惰な現実主義でもなく、微妙なバランスを保って問いかけが残るように仕上がっている。似たような結末の映画のいずれとも異なる、ユニークな一本でした。

|

« 雑記100123 | Main | 雑記100124 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 「サロゲート」:

« 雑記100123 | Main | 雑記100124 »