« 雑記091206 | Main | 「インフォーマント!」 »

2009.12.06

「カールじいさんの空飛ぶ家」

毎度ながら高水準なDisney&PIXARの、今回も期待通りの作品。あまりに期待通りの水準なので、逆に物足りなさを感じさせるあたり、定番というにふさわしい。以下超ネタバレ。読まずに観にいくのが吉。


さすがに、アニメーション技術を前面に出すことは、もうない。それでも、カールじいさんの家が飛び立つときのファンタジックな開放感や色彩の美しさは、やはりPIXARならでは。これで観客のハートをしっかり掴んだあとは、物語の王道を確かな足取りで突き進む。

これまで数々の擬人化に成功してきた作り手は、今回はじめて人間を登場させたが、これまた何の違和感もなく言葉を話す犬と共存している。むしろ、冒頭で登場するスーツ野郎の方が、ひょっとして言葉が通じないのではないかとさえ思える。ただしこの作品では、犬と人の間にある仕掛けを介在させていて、それがお話しの要所で案外重要な役割を果たしている。犬が人語を解する不自然さを解消するという本来は後ろ向きな課題にもかかわらず、コミュニケーションについての作り手の洞察を絡ませて積極的に使っている辺りがにくい。

お話しの方は、3分の2あたりまでは「青い鳥」の変種のようなものだが、そこから後は新展開に移って、アクションもたっぷり楽しめる。後半での中心テーマは、「過去との決別」だ。この辺りに、定番とはいえ新しさを取り入れる試みが感じられて、ポイントが高い。

映画の全体から、私は、「星の王子様」の作者、サン・テグジュペリの時代、飛行機を使った輸送ルートが未開の地へと延伸されていく時代の、未知への希望を感じた。
浮力を徐々に失っていく家を曳きながら歩くカールじいさんには、一見、疲労感が溜まっていくだけのようにも見えるけれど、ここで実は後半の大活躍のエネルギーを蓄積しているのだ。じいさんはこの苦役の間、世間の理不尽さや妻の願いをかなえられなかった自分の不甲斐なさを、ひとり噛みしめているようにも見える。これまでの人生を悔恨の情とともに曳いている。それが、後半の行動のばねになっているのだ。転回点で彼が見るアルバム。これが泣かせる。

人生が60年で終わらず、80年になってしまった時代の人々に、ひとつの行く道を示してくれる、よい作品でした。

|

« 雑記091206 | Main | 「インフォーマント!」 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 「カールじいさんの空飛ぶ家」:

« 雑記091206 | Main | 「インフォーマント!」 »