« AVATAR簡単な比較まとめなど | Main | 雑記100101 »

2009.12.30

雑記091230

年末なのでぼんやりTVを見ていたら、.JPドメインの広告を鷹の爪団がやっていて笑った。何をどうしたいのかよくわからない広告だけど、TV広告の値段が相当下がってるのだなということだけは、すんごくよく伝わってきた(笑)。


100兆円超の需要創造=成長戦略、400万人を新規雇用

景気のいい話しだなあ。話だけならおいらだっていくらでもできる。2015年までに宝くじ1等を5本乃至6本当てる計画です、とか。


押井守監督、『アバター』の完成度に衝撃!「10年かけても追いつけない」と完敗宣言でみんなで乾杯!?

あれは事件だよ。全員に観て欲しい映画だね。こちらがやりたかったことを全部やられちゃった。ハリウッドの物量だけの映画なら悔しくないけど、(監督の)キャメロンは頭がいいよね。あれには10年かけても追いつけない。
作り手として同じ立場に立つ人は、感じるものがあるのだろうな。
「映画『アバター』には久々に燃えたんで、僕ももう少し頑張ろうと思います。キャメロンに勝てるとは言わないけど、僕らにしかできないことをやるしかない。違う戦争ならできるからね」と刺激を受けている様子だった。
がんばってくだされ。観に行きます。


眠りから覚めた民主主義

自民党政権では、政治は政治家と官僚機構と利益団体の利害調整や「政局」の力関係で決まり、国民が政治に何をいっても無駄だというあきらめが強かった。
この状況が民主党政権になって変わり、政策で政治が決まる状況が生まれた。影響を与えるメディアも新聞・テレビだけではなく、ネットの影響が大きくなった。
・・・
どの意見が影響を与えるかは、媒体という入れ物ではなく、その記事を書く人の専門知識で決まるようになった。
3か月ほどの短期間で政策がラディカルに変わらない状況を指して、政権が交代する必要などなかったという意見もあるけど、おいらは、交代してよかったと思う。下地が変わったのが大きい。このチャンスを逃したら、次はまたいつになるやらわからなかっただろう。

変化の是非を後から言うのではなく、起きた変化を良い方向に活用することが大切。
変化しないという選択肢は、たぶん、ない。


@hirosetakao: アマゾン・ドットコム(AMZN)がキンドルの売上が本の売上を上回ったと発表した。

瞬間風速的にであったとしても、もうそんな事態が来たかという感じ。


|

« AVATAR簡単な比較まとめなど | Main | 雑記100101 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7081/47152358

Listed below are links to weblogs that reference 雑記091230:

« AVATAR簡単な比較まとめなど | Main | 雑記100101 »