« 「アフロサムライ:レザレクション」 | Main | 雑記091217 »

2009.12.14

雑記091214

GooglePhoneのニュースが出回っている。


google waveは人類の知的活動を大きくかえるかも

有限な人間の時間についての考えが足らないと思う。
でも、技術がいろいろな可能性を拓く「必要条件」を満たしてくれるのはいいことだとも思う。


Twitterの公式RT、非公式RT、QTの違いを分かりやすく図で描いてみた

時間がないので、あとでじっくり読む。
ざっと見た感じでも、なんか収拾がつかない感じがしている。

ccとbccの区別がわからなくて悩む高齢者の気持ちが、今日少しだけわかった気がする。


アクティブファンドを買う理由は何か

ミモフタモない真実。エスキモーに冷蔵庫を売る話は、営業自慢のような文脈で語られるけど、実は「売る人がいるから売れる」を言っているに過ぎない。

これをもっと敷衍していくと・・空恐ろしくなるのでやめ(笑)。

ことほど左様に、人間は余っているということか。


2011年メディアの旅

通信の世界で「NTT対その他」という構造が生まれつつあるように、放送やマスメディアの世界でも「NHK対その他」という構造となる蓋然性が高い
不景気のときはどうしても公的セクターの存在が相対的に大きくなる。メディアだけの話しでもないけど、民間セクターが危機ラインを割り込むほどになれば、その部分は確かに目立つ。


今年最後の死のロード

私たちが交換を行うのは、そこにゆきかう商品やサービスが「欲しい」からではなく、端的に他者と交換を行いたいからである。
経済活動の根本にあるのは、この「他者とかかわりをもちたい」という欲望である。
私たちは商品が欲しくて交換をするのではない。
交換をしたいから交換をするのである。
むー。そうかも。高齢者相手の壺売りも、実は、孤独な年寄りの話し相手と、その代価という面があった、という話を思い出した。
「利己的である方がベネフィットが大きい」というような経験則をひとびとに教示するような社会システムは、人類学的に言えば「ないほうがまし」である。
このエントリはこの次がすごい。
手元に金があろうとなかろうと、誰に何を贈与すべきかをつねに考えている人間だけが「贈与者」の資格をもつ。
映画「ペイ・フォワード」においらは教わった。


選択したテキストをさっと翻訳できる Google Chrome エクステンション、Bubble Translate

メモ。


@kazikeo

140字で意を尽くすことは不可能なので、誤解を与えたところもあるかと思うので、再確認すると、私のいいたいことは、(1)国債は徴税のタイミングを変更するものに過ぎず、マクロでみた税負担の現在価値合計を変えるものではない。(続く)
そろそろついったーも文字数制限を緩和することを考えていいのでは、と思う。


|

« 「アフロサムライ:レザレクション」 | Main | 雑記091217 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7081/47018004

Listed below are links to weblogs that reference 雑記091214:

« 「アフロサムライ:レザレクション」 | Main | 雑記091217 »