« 「クリスマス・キャロル」 | Main | 「2012」 »

2009.11.21

「イングロリアス・バスターズ」

これは、何だかわからないが凄い映画。必見。どこがどう凄いと思うのか、以下たどたどしくネタバレ。

戦争、悲哀、スパイ、緊張、野蛮、滑稽、知性、冷酷、教養、嫌味、復讐、悲恋、憎悪、解放、文明、皮肉、なんでもありのテンコ盛り。キャラが立っているお話しは面白いというけれど、この映画は、盛りつけられた各要素がそれぞれに「立って」いて、密度が濃い。もちろんキャラも立っている。それなのに、全く破綻していない。どころか、ちゃんとひとつの映画として収まっている。章立てを付けて、きっちり筋道までつくっている。自由自在という感じ。

登場人物の特定の誰か、あるいは何かに感情移入して楽しむということをさせない。観客は常に第三者的視点で、作り手が繰り出してくるメニューを次々に見ていくことになる。フルコースの映画というものがあるとすれば、まさにこれ。章立てによってお話しを分節させたことが、こういった効果を生んだのだろうか。
あ、怪獣は出ません。残念。代わりにバスターズのアルド・レイン中尉(ブラッド・ピット)が出ます(笑)。

あごを突きだしたブラッド・ピットに釣られて映画館へ行くと、もっとずっと面白いものが体験できる、秀逸な一本。

|

« 「クリスマス・キャロル」 | Main | 「2012」 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 「イングロリアス・バスターズ」:

« 「クリスマス・キャロル」 | Main | 「2012」 »