« 雑記091024 | Main | 「パリ・オペラ座のすべて」 »

2009.10.24

「ホースメン」

「セブン」のような、観たあと後遺症が残りそうな映画かと思って、初日に行くのは躊躇したけれど、思ったよりはソフトな仕上がりになっていた。といっても、物理的に痛そうな場面はたくさんあるので、苦手な向きにはお勧めしない。チャン・ツィイーの存在感が際立っているので、それを観にいくのがよい鑑賞態度。以下ネタバレ。

主役はだれなのか、よくわからない。かといって群像劇とも違う。話しの筋から言えば脇役であるはずのチャン・ツィイーが他を圧しているので、錯覚が生まれる。

これはあるいは、作り手が意図してやったのかもしれない。背負った過去からして、赤こそが主役にふさわしいのに、比較的恵まれた過去を持つ白をリーダーと呼ぶのは、ネタ元に忠実であろうとしたいうよりは、この編を序章とする意識が作り手にあるからだろうか。そんな深読みもしてみたくなる。

謎解きはそれほど凝ってはいない。結末も途中から予想できる。表面上のグロさをむしろ裏切るように、この映画が言っていることは、仕事より家族を大切に、のような健全なスローガンなのかもしれない。

|

« 雑記091024 | Main | 「パリ・オペラ座のすべて」 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 「ホースメン」:

« 雑記091024 | Main | 「パリ・オペラ座のすべて」 »