« 雑記090807 | Main | 雑記090809 »

2009.08.08

「モンスター vs エイリアン」

3Dの立体感がうまく生かされただけでなく、映画としても面白い。誰にでも楽しめるバランスのいい出来上がり。もっと早く観にいけばよかった。以下ネタバレ。

お話しの筋は、隕石の影響で巨大化してしまった花嫁スーザンが、上っ面だけの婚約者の束縛を絶ち切り、自分自身に目覚めていく過程を描く。というと真面目過ぎて眉間に皺が寄りそうだけど、仲間のモンスター達はじめ、将軍、大統領、エイリアンのイカ星人などなどの、ひょうきんぶり間抜けぶりボケぶりで、たっぷり笑いをとる味付け。

その上、これは見事なまでの怪獣映画(笑)。そもそも、何かを浴びて巨大化するって、それコジラでしょ。そこへエイリアン襲来!放射能で巨大化したモンスターをぶつけて対抗!ってそれはキングギドラですかギャオスですか。さらに、一度倒された虫の怪獣が、ここぞというところであんなものに脱皮して・・ってモ、モ○ラだあ!

そしてそして極めつけは、スーザン改めジャイノミカが、仲間を助けて決死の脱出ダイブをするときのあのポーズ!! あそこで画面をポジネガ点滅させて、スーザンが更に巨大化して、例の効果音を流せば、円谷映画になるところだった。さすがに踏みとどまったけど(笑)。

そのほかにも、敵の軍隊はクローン軍だったり、異星人とのファーストコンタクトはあの音楽だったり、にやにやの連続。たいへん楽しめました。

こういう映画は、3月に1本くらいは観たい。

そうそう、3Dは、この映画には向いていた。冒頭の土星の環は最も効果的だったし、それ以外の普通に何気ないシーンも、適度に立体感が出ていて無理がなかった。
メガネは、頭のサイズにあわないとこめかみが痛くなるし、裸眼より暗くなるので色彩はあまり楽しめないけれど、いずれ技術で解決できるだろう。目に負担がかかって疲れるのも、映画自体が面白ければ忘れていられる程度。

これで値段がもう少し安ければ言うことなし。3D向けに題材をうまく選んだ映画なら、ときどき値段の高い方で見てもいいかと思わせる、満足のいくエンタテイメントでした。

|

« 雑記090807 | Main | 雑記090809 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 「モンスター vs エイリアン」:

« 雑記090807 | Main | 雑記090809 »