« 雑記090725 | Main | 雑記090726 »

2009.07.25

「人生に乾杯!」

ヨーロッパの小さな国のかわいらしいお話し。年金だけでは暮らしていけない、やむにやまれぬ状況から強盗へ走る年寄り夫婦の、年甲斐もない大胆さ、隠れた教養が醸す品のよさ、対する警察のおっとりした感じなど、全編にわたって、ほのぼのした空気に浸れる。社会派的なテーマ設定よりも、むしろ、老夫婦をとりまく世間の人情や、家族の普遍性などが滲み出ている作品。
高齢者に傾斜した世代間格差がむしろクローズアップされがちな今の日本で、このお話しを一体どう見ればよいだろうか。

俳優さんは役と同程度の年齢で、ごく自然な感じ。老婦人役の方の年齢は、公式サイトにも載せていないのが微笑ましい。日本における森光子のような存在だそうだから、相応のお年なのだろう。いつまでも活躍してほしいと思わせるチャーミングな演技。

翻って、日本人俳優でこの種の映画を作ったとして、世界の様々な国で上映して、共感を得られるだろうか。そんなことをふと考えた。

|

« 雑記090725 | Main | 雑記090726 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7081/45735368

Listed below are links to weblogs that reference 「人生に乾杯!」:

« 雑記090725 | Main | 雑記090726 »