« 雑記090726 | Main | 雑記090727 »

2009.07.26

「アマルフィ 女神の報酬」

現実主義の外交官を演じる織田裕二が渋い。声だけ出演の中井貴一もなかなか。しかし、それ以外は全滅というか、またまた客を舐めてるフジテレビ体質がくっきり出ている駄作。率直に言って、金返せレベル。以下ネタバレ。

「アマルフィ」とタイトルで謳っているからには、こじんまりしたこの町を舞台に渋い大人の映画を見せてくれるのかと思ったら、ほとんどはローマでのお話しで、アマルフィは単に、日程のずれを埋めるためのブラフに過ぎないという酷い台本。あんな扱いなら、どこの都市でも全く構わない。なんなら家の近所でもよかったみたいな馬鹿馬鹿しい位置づけ。

これでは、ロケに使ってタイトルまで借りた相手の町に対して、最大級の侮辱だ。

お話しの筋も子供じみた似非正義が中心に据えられて、いまどき犬も食わないレベル。見ている方が恥ずかしくなる。

こんな低レベルかつロケ地の住人まで馬鹿にしたものを、自社の何十周年だかの企画として持ってくる、その文化度が、私には理解できない。


映画に当たり外れがあるのは仕方がないから、単に駄作を見せられただけなら、今回ははずれだったで済ますのだが、この場合、客はこの程度で喜ぶだろと薄ら笑っていそうな節があるから度し難い。

実に胸糞悪い。

|

« 雑記090726 | Main | 雑記090727 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7081/45745463

Listed below are links to weblogs that reference 「アマルフィ 女神の報酬」:

« 雑記090726 | Main | 雑記090727 »