« 「愛を読むひと」 | Main | のちのメイドロボ喫茶である »

2009.06.21

「レスラー」

その道一筋に命まで賭ける、と言えば聞こえはいいが、それしかできないという切羽詰まった裏事情を正直に描いた上で、吹っ切れた男の闘いをクライマックスにもってくる、たいへんわかりやすい作品。男なら誰もがそうありたいと思いつつ(思わないかもしれないが)、現実には無いストーリーが観客を熱くさせる。以下ネタバレ。


体が元手の仕事は、歳をとるにつれ辛いものになる。それでも支えてくれる家族がいればまだしもだが、仕事に打ち込むあまり家族を打ち捨ててきた男にとっては、望むべくもない。如才なく処世しておれば、別の仕事を斡旋してくれる知人もいたかもしれないが、それもない。別のビジネスで成功する才覚があるでもない。小金の貯えなどもちろんない。夢売り商売だから、その道で過去に成功していればいるほど、他の道への転身は難しい。

そんな、どん詰まりの男が、それでも普通の老後をひっそり送ろうと迷走したあげく、結局自分に残っているものは何かに気づき、潔くそれに殉じる。

そういう生き方は、物語になりやすいし、たまには実際にあってもいい。
プロレスという極端な仕事で描かれているから、普通の人には関わりない話しに見えるが、普通の仕事でもこうした図式は、もっと薄まったかたちで、あるかもしれない。

それにしても、プロレスという劇は、こうして舞台裏を見せてしまっても問題ないくらいに、一般にも理解されてきているのだろうか、という不純なことを、少し思った。

|

« 「愛を読むひと」 | Main | のちのメイドロボ喫茶である »

映画・テレビ」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 「レスラー」:

« 「愛を読むひと」 | Main | のちのメイドロボ喫茶である »