« 雑記090528 | Main | 「おと・な・り」 »

2009.05.30

「スター・トレック」

「スターシップ・トルーパーズ」から、敵が昆虫という気持ち悪さを除いて、輝ける時代の息吹を少し吹き込んだ、といった趣。などというとトレッキーに叱られそうだが、叙事詩的な進行がこのシリーズの持ち味だろうから、これで正しく「スター・トレック」のはず。以下ネタバレ。

そうはいってもやや物足りなさは残る。「スター・ウォーズ」と比較するのは筋違いかもしれないが、冒険活劇色を前面に出した「ウォーズ」の方が、娯楽性では勝る。もっとも、シリーズ最初の制作意図が社会批評だったそうだから、落ち着いた理知的なトーンになるのは当然といえば当然か。

今後、この若きカーク船長の成長物語として続くのだろうから、長い目で見るべきなのかもしれない。
因みに私は、DS9を一部深夜テレビで見た程度の者なので、この作品をよく分かっていないのかもしれない。深淵なトレッキーならば、作中に散りばめられている数々の断片から、とてつもなく広い物語空間をイメージできるのかもしれない。その意味で、私には評価が難しい作品。

|

« 雑記090528 | Main | 「おと・な・り」 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 「スター・トレック」:

« 雑記090528 | Main | 「おと・な・り」 »