« 雑記090403 | Main | 雑記090405 »

2009.04.04

「トワイライト」

何と少女漫画チックな設定と展開!絵に描いたように。おまけにイケメンヒーローは天野喜孝イラスト風。なので、そういうのが好きな人には堪らない一本でありましょう。以下ネタバレもないもんだけど。

吸血鬼ものというのは本来、葛藤とか悲劇の幕切れとか命のはかなさ離別の悲しみとかをしみじみ味わうもの。しかしその点でこの映画は弱い、というか、ずれている。これは吸血鬼を小道具として使ってはいるけれど、吸血鬼映画では断じてない。裏切られました。

その代わりに、これは若い女性向けに徹底したサービスてんこ盛りの、極めてクリアなコンセプトを持った映画。その点では素晴らしいと言うべき出来。もっとも私のようなおじさんが若い女性の最近の嗜好を知っていると仮定しての評価なのだが。

一例を挙げよう。吸血鬼が陽の光に当たったらどうなるかはルーマニアの子供に限らず誰でも知っているというのに、それなのにアレは一体何ですか。そこが素晴らしいわけですが。

そういうことで、きっと一定の人のハートを鷲掴みにする一方で、別の人からは見ちゃおれんと思われること必定の一本。

たまの珍体験として、おじさんも毛嫌いせずに見てみるのが吉。年頃の娘さんがいればなおさら、真剣に勉強すべきかも。
勉強などと言ってしまうところがもろにアレですが、何か。

|

« 雑記090403 | Main | 雑記090405 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7081/44565471

Listed below are links to weblogs that reference 「トワイライト」:

« 雑記090403 | Main | 雑記090405 »