« 花見でがっくり | Main | 雑記090407 »

2009.04.05

雑記090405-2

うーん。今日中にネタ本をあと2冊読んで、あすの資料を作らねば。
というときに限って発動するブログ逃避行動。(笑)


出会い狩りの先にある世界

数年前mixiを楽しんでいた頃の関係は概ねtwitterやFacebookに移ってしまった。
コミュニティ運営者と警察との意図しない共謀で起きている、削除の一件。行き過ぎた管理の弊害という抽象的な批判しか思いつかなかったけど、具体的にも、利用者の流出を招くみたい。

硬直的な著作権法の影響で、検索利用者が米国のサービスに流出してしまったのと同様に、ここでもまた米国の同種サービスへの逃避が見られる。本気で内需振興とか新規産業育成とか言うのであれば、行政もマスコミも、もう少し知恵を働かせる余地がありそう。

そうか、つまり本気じゃないということか(笑)。

マスコミは出会い=不健全という構図を所与のものと報じているが、
なーんだ。結局、少子化の原因も警察とマスコミがつくっているのでない?(笑)


CTIA第三日 「生ゴア」拝聴

電話業界の周りには昔からそういう「ドブ板」の世界が広がっていたのだが、「一攫千金」の夢が消え、一巡してその地味なドブ板の電話世界が戻ってきたみたいな、ちょっと懐かしいみたいな感じもする。規模は縮小したと思うし、寂しさも漂うけれど、そういう意味であまり「悲観」「危機感」という感じはしなかった。
一方で、ここにいない人々主導で、アメリカの携帯業界はこれから復活して、世界的な地位は上昇していくだろう。日本のケータイ業界人がアメリカのことをバカにしていた時代ももう終わり。
時代はめぐる。
空気がよく伝わってくるエントリ。インフラってそもそも地味なもののはずだし。
雰囲気の記録として。


日経産業新聞に還流防止措置の記事

音楽業界からの強い要望によって、リスナーの猛反対にも関わらず音楽CDの還流防止措置は設けられたが、音楽業界はその当時「アジアに出て行くために必要だから」だと述べていた。
そういえば。
2004年の法改正の審議から5年、法改正の施行から4年が経過している。

そろそろ、本当にあの法改正がその目的を果たしているかどうかの検証をちゃんと行う必要があるのではないだろうか。

売れてなくてもそれは結果であって、という言い訳が目に浮かびますの。

|

« 花見でがっくり | Main | 雑記090407 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7081/44573703

Listed below are links to weblogs that reference 雑記090405-2:

« 花見でがっくり | Main | 雑記090407 »