« 「ウォッチメン」 | Main | 雑記090401 »

2009.03.30

雑記090330

なるほど。年金は運用のポートフォリオを決めていて、株価が下がると持株額の比率が下がるから自動的に買う、ということなのか。
それで、新年度は、株は先行き悪そうだから持ち高の比率を下げるって? つまり売ると?

東証また爆下げ見通しですか。
知らないけんど。


いま、TVニュースを見ていたら、あの高橋洋一氏が、なんだかつまらんことでお巡りさんに捕まったらしい。
なんなんだ一体。

そんなことより、GMのトップは辞任だそうですが。
米GM会長の辞任発表、後任は最高執行責任者が就任

なんかいろいろ面白いことが起きる日なのかな。


『Hanako』が絶好調 “雑貨化”する女性向け情報誌とは!?

「単に情報を得るための媒体ではなく、“眺めていて楽しい”“生活空間に置いておきたい”“何度でも触れたい”と思わせることに成功したのが今回のリニューアル。つまり『雑誌の雑貨化』を起こした」。
メモ。

一方で、「「知の衰退」からいかに脱出するか?」にあったように、新聞はいまやながれてくる情報をレイアウトするだけ、などとこき下ろされ読まれなくなる現象もあったり。大前先生の言によれば、記事の優先順位を押し付けられるのがいけないのだそうな。
それは時々感じる。

趣味性の高いものと、とにかくフラットに情報が欲しいものとの違いなんだろか。


時代に負けない家づくり

国は本気で設計事務所と工務店をつぶしにかかっています。
(工務店は半分、設計事務所は1/7になるという話もあります)
官製不況という言葉があるけど、そこに何かの意図を感じる向きもあるみたい。


商品力で海外メーカーに全く負ける気がしない

彼らが日々こなす具体的なタスクとは、「幼児の観察」「お母さんとの会話」「しみじみ考え抜く思索」という3つのプロセスに集約されます。

 常時100人以上のお母さんモニターを抱えていて、徹底的な観察とヒアリングをします。幼児がどんな形を見た時にどんなふうに手を出すかという観察、試作品を作っては、ひたすらトライ&エラーの繰り返しだと言います。

やっぱりメーカーって半端じゃない。このあと、ハイテク技術の商品化についての考察などもあって面白記事。

結びが可笑しい。

随分褒め殺しにしてきたピープル社ですが、万全の自信をもって作り込んだ商品も、いざ赤ちゃんに渡してみると、本体でなくパッケージの方に食いついて箱や容器で遊び始めるというような、超ガッカリな脱力シーンも少なくないそうです。しかし、それもまた新たなるホモ・ルーデンス発見のチャンスです。

|

« 「ウォッチメン」 | Main | 雑記090401 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7081/44494391

Listed below are links to weblogs that reference 雑記090330:

« 「ウォッチメン」 | Main | 雑記090401 »