« 名古屋オアシス21 | Main | 「ウォッチメン」 »

2009.03.28

雑記090328

株屋さんが信用できない、という話しをぼんやり考えていて、例えば財務副大臣のような限られた人が市価の倍額で売却益を得たりするのを、市場を見ている一般人は普段知らされることもない、といった不透明さに根があると思う。単に株を生業にしている人たちが信用できるかどうかといったレベルではなく。

実はそれはこちらの不勉強故に不透明に見えてしまっているとすると、問題。
でもあちこちの記事を読んでみても、それに触れたものに出くわせないのはなぜ。と、とりあえず他人のせいにしてみる。(笑)



ホバーリング移動する高級ホテル「hotelicopter」

すげい。
60分間ダイアモンドリング連続観測ツアーとか、オーロラに包まれるツアーとかできそう。

と思ってオリジナルのサイトを見てみたら、ありきたりな都市周遊コースしかない。機体のレンタルもしているようだから、ここは旅行会社がんばって企画を練ってみてはどうか。


米新聞社が史上最悪の事態に,新聞協会のデータが露呈

近頃思うのよ。新聞というのは愚痴の塊だなと。

情報に飢えていた昔のわしらは、そんなものでも面白く読んでいた。
でも他人の愚痴を聞き続けるのは結構しんどいことに気づいた。

新聞の苦境を聞くにつけ、思うことはそんな感じ。


それでも、今朝の日経に、小さい記事だけど、例の小沢氏の秘書が逮捕された件で、容疑者が収支報告書へのウソの記載を認める供述をしている、というのは事実ではない、という弁護士の話しが載っていたりするのを見ると、救いはあると思た。


ネット広告代理店の人々が“普通”の広告費を理解できない理由

昔、ネット広告代理店の黎明期に、「テレビは効果が取れませんけど、ネットは効果が取れる媒体なので、効果的です」といって売り歩いた弊害がここに来て、自分たちの首を絞めている。
脱皮が必要と。

クリックという一見明快に思えてしまう指標がある世界で、例えばアンケート調査とか視聴率調査のような茫漠としたマーケティング指標が復権できるのかどうか、よくわわからないけど。


定額給付金をどうするか

その頃担任の先生がですね。ホームルームの時、生徒に向かってこういうことを言ったんですよ。

「今、選挙で君たちの家にもどこかのおじさんがお金を持って回って来ていると思います。構うことありませんから、受け取ってしまえとご両親に伝えてください。たとえ受け取ったとしても、投票するしないは両親の自由なんですから。受け取っておいて、その人には投票しなければいいんです。くれるものはもらってしまいなさい」

先生えらい。そういうことを授業で話すということも、また、両親に宛てて話すということも含めて。


|

« 名古屋オアシス21 | Main | 「ウォッチメン」 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 雑記090328:

« 名古屋オアシス21 | Main | 「ウォッチメン」 »